「グロッタ・ジュスティ」
COLUMN
TRAVEL 07 Sep 2018

イタリア秘境の地! 洞窟の中のスチームサウナ「グロッタ・ジュスティ」

SHARE

イタリア語で「テルメ」と呼ばれる温泉。

火山国イタリアには、たくさんの温泉が湧き出ています。温泉プールやサウナなどスパが併設された宿泊施設も多く、レストランでは美味しい食事やワインも楽しめるためイタリア人にも人気のレジャースポットです。

イタリアワインの勉強のためにトスカーナ州に滞在していた際、モンスンマーノテルメに「とにかく凄い洞窟のサウナがある」と聞き、さっそく訪れてみることに。

「グロッタ・ジュスティ」の鍾乳洞で、天然スチームサウナを体験

飲める温泉としても有名な温泉地であるモンテカティーニから車で10分程、目的地に到着。入り口の門が開き、敷地内に入ると広い庭に佇む大きなお屋敷が見えて来ました。19世紀に建てられた邸宅「グロッタ・ジュスティ」は現在、ホテルとして営業しておりバカンスや、治療を目的にイタリア国内外から旅行者が訪れます。

建物の地下に直結している鍾乳洞窟は、200メートル以上にも及び、ヨーロッパ最大。専門の医療スタッフも勤務している本格的なスチームサウナです。

水着の上にホテルから貸し出されるバスローブとスリッパを身につけて、さっそく天然スチームサウナへ向かいます。

鍾乳洞の中はまるで別世界!

入り口から地下へ進んでいくと、じわっとした空気とともに、目の前に穏やかな光でライトアップされた美しい鍾乳洞窟にたどり着きました。洞窟内はとても静かで、水の滴る音と自分たちの足音だけがしんとした洞内に響き渡ります。

一千年前から存在すると言われる洞窟の中の気温は年間31~34℃に保たれ、湿度は100%と日本のサウナに比べるとそんなに暑くないので長時間くつろぐことができます。

鍾乳洞の中は同じ地球上とは思えないような別世界が広がり、冒険家になった気分で奥へと進んでいくと、少し広めの空間に横になれる椅子が並べられていて、10人弱の方々が静かに洞窟浴をしていました。

人がいるとは思えないほどの静けさだったので、驚きながらも椅子に横になってみると極楽の世界へ。『アイーダ』で有名な作曲家ジュゼッペ・ヴェルディもよくこの洞窟へ訪れたのだそう。

洞窟内は天国、煉獄、地獄の3つのエリアに分かれていて、地下に行くほど温度が上がり、温泉プールのある最下層「地獄」エリアが一番高い36℃。「天国」エリアでは、洞窟と直結しているホテルの泥のトリートメントやマッサージなどが受けられます。

初めは少しぬるいなと感じましたが、50分間の洞窟浴の後はすっかり汗をかき全身ポカポカに温まっていました。体内の毒素を流し出し、全身に浴びた水蒸気でお肌もツルツル。まるで自然の一部に溶け込んだような究極の癒しを味わった後は、ホテル併設のレストランにてトスカーナの美味しいワインとヘルシーな食事をいただきます。

「洞窟で聞こえた音楽は素敵だったね」と、一緒にいた主人に話すと「音楽なんて流れてた?」との返答が。

今でもそこにスピーカーがあったのかは、はっきり覚えていませんが、ジュゼッペ・ヴェルディが洞窟の中で聞いたかもしれない幻の音楽が、私にも聞こえていたかもと思うと、やっぱり幻聴ということにしておきたいな、と思うのでした。

INFORMATION
Grotta Giusti(グロッタ・ジュスティ)
Via Grotta Giusti 141151015 Monsummano Terme (PT)
Tel:+39 0572 90771
http://www.grottagiustispa.com/

【初出:この記事は2018年1月10日、初公開されました@AGARU ITALIA】

WRITER PROFILE
マリーニ あゆみ Ayumi Marini
マリーニ あゆみ Ayumi Marini

イタリアソムリエ協会認定ソムリエ。客室乗務員として勤務後、ミスユニバースファイナリストに選出されたのを機にモデル、語学留学など経験。結婚後イタリアへ拠点を移し、ワインの宝庫ピエモンテでワインと出会う。旅とワインのブログではイタリアワインや旅の様子を発信中。  https://asmwine.com/

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!