COLUMN
TRAVEL 18 Oct 2019

美人ライターが教える③「絶対に外さないピサの斜塔への旅~フィレンツェから簡単に行けるんです~」

SHARE

フィレンツェから2時間弱、一人でもいけるミニ観光

ピサの斜塔を遠近法を使って撮影する著者

一度は耳にしたことのある有名な「ピサの斜塔」皆さんどこにあるか知っていますか? 名前の通りピサの街にあるのですが…さて、ピサってどうやって行けばいいのかしら。

ピサへはフィレンツェから鉄道で2時間ほど

フィレンツェからピサまでは約80km。電車やバスを使って1時間30分程で行ける距離にあります。斜塔があるピサのドゥオモ広場は1987年にユネスコ世界文化遺産に登録された場所。4つの建物から構成され、その魅力はけして斜塔だけではありません。

イタリア国鉄のチケットをサンタマリアノヴェッラ駅で購入し、いざ出発

せっかくですから筆者もフィレンツェ滞在の合間に訪ねてみることにしてみました! 数時間でメインの観光スポットは周れてしまうということで、近くの都市、ルッカも一緒に訪れる事にしました! ルッカの街並みは後編でご紹介しますね。

チケットを購入後は必ずホームにある打刻機で乗車前にガチャンっと打刻をすること

トレニタリア=イタリア国鉄のチケットをサンタマリアノヴェッラ駅で購入し、いざ出発! はじめて電車に乗る方に気をつけて欲しいのが、チケットを購入後は必ずホームにある打刻機で乗車前にガチャンっと打刻をすること。私もやってしまったのですが、打刻せずに乗車してしまうと罰金が科せられてしまいます。最高で60€と結構高額なので気をつけて下さいね。もし、電車に乗ってから気が付いた場合は車掌さんが席に回ってくる前に自己申告するのがベスト。ケースバイケースですが、一番少額の罰金、あるいはラッキーだと免れられることもあるそう。

ピサに着いたら最初にやるべきこととは?

さて、ピサについたらまずやっておきたいことは斜塔がある広場の中に入る前にバス停の近くの売店で少額のおやつを購入し、お手洗いに行っておくこと。日本と違い公衆トイレはお世辞にも綺麗と言えませんので……。さて、小休止&トイレ休憩が終わったら門をくぐって広場の中へ♪

ピサについたらまずはトイレと軽食を買っておきましょう

ここでピサの広場にある建物の名称をチェックしておきましょう。洗礼堂(Battistero)、鐘楼(Campanile)がある斜塔(Torre)と大聖堂(Cattedrale)、墓所回廊(Camposanto)。

門をくぐると洗礼堂(Battistero)、鐘楼(Campanile)がある斜塔(Torre)と大聖堂(Cattedrale)、墓所回廊(Camposanto)が。

こちらの門をくぐってすぐに見えるのはサンジョバンニ洗礼堂。ロマネスク様式の下層に、ゴシック様式を重ねたクーポラ(丸屋根)が重なっており、13世紀後半に完成した建物です。

中心軸からの4つの扉のうちドゥオモに面した扉は、繊細な彫刻が施されています。扉の左側のレリーフは1年間の11ヶ月を表しており、反対側には聖母や使徒を見る事ができます。実はこの洗礼堂、外装にまけず内装もあらゆるところに技巧がこらしてあります。

サンジョバンニ洗礼堂

ぜひ体験していただきたいのが30分毎(00分と30分)にある係員による音響効果のデモンストレーション。音の響きが体の芯に伝わる感覚を体感できますよ。まるで天井に向けて放った声が自分に向かって落ちてくるようです。※私語を大きな声でしていると注意されるので気をつけてくださいね。

音の響きが体の芯に伝わる感覚を体感

洗礼堂の先に道なりに進むと、ピサの大聖堂が見えてきます。ファサードは色の異なる大理石のパネルで飾られており、近づくと大聖堂の外側の2階以上の部分には、白と黒の大理石で化粧張りが施されているのがわかります。本当にイタリアの建築って綺麗ですよね。
モザイクやフレスコ画はずっと見入ってしまう美しさ! その中でも中央祭壇上部のフレスコ画「玉座のキリスト」は必見です。天井が高く、列柱廊から光が差し込む聖堂内の雰囲気は神々しく、荘厳です。
大聖堂に併設されているのが、かのピサの斜塔です。上にある鐘楼も有名ですよね。事前にネット予約するとスムーズに塔に上れますのでオススメ。

料金は1人18ユーロ。8歳未満は入場不可です。行きたい日の20日前から前日まで予約購入できます(同じく1日前までキャンセルと時間変更OK)。時間帯毎に人数制限があるため、観光当日にチケットを購入できるのは空きがある場合のみです。確実に登りたい!という方は、チケットを事前購入しておくと良いでしょう。
こちらの公式サイトから予約できます。
ピサの斜塔は大理石でできており、元々が滑りやすい事に加えて、観光客の足からの摩耗によって階段がすり減っていいます。おまけにご存知の通り、外側だけでなく、内部ももちろん傾いているので平衡感覚がおかしくなりやすいのです。登る際はしっかりした靴で行ってくださいね。

上から風景を見下ろせば大聖堂が

上から風景を見下ろせば、苦労してのぼった甲斐があったなーと思えますよ!
朝早く到着したので、そろそろ腹ごしらえがしたくなってきました。広場近くの観光客向けのお店でも良いのですが、せっかくならば地元の人が行くようなお場所で食べたいなと思った私は、広場から街の方へ。斜塔のさらに先へと続く道を進んでいきます。そして事前に調べておいたこちらのお店に!

Bar borgostretto43のパニーニ

Bar borgostretto43
ずっと散策したあと、気持ちのいいテラス席で座って食べた出来立てのパニーニはとっても美味しかったです!! 7€~とお値段も観光客向けで無くリーズナブルですし、ピサの広場からは10分ほどなので行ってみる価値ありだと思います。

さて、腹ごしらえを済ませたところで今度はルッカへ。続きは後編をお楽しみに。a presto!

ピサ観光基本情報
■営業時間
【11月-2月】10:00-17:00 ※12/23-1/6は9:00-18:00
【3月】09:00-18:00 ※3/25~ 08:00-20:00
【4月-9月】08:00-20:00
【10月】09:00-19:00
【その他の期間】10:00-17:00
■定休日 / なし
■入場料 / 大人€5、18才以下€3
※(洗礼堂、カンポサント記念堂、ドゥオモ美術館、シノーピエ美術館のうち)2つのモニュメント€7、3つのモニュメント€8、4つのモニュメント€9

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
美人ライターが教える①「絶対に外さないフィレンツェおすすめスポット~食、アート、ファッションの旅」
美人ライターが教える②「絶対に外さないミラノおすすめスポット~食・アート・ファッションの旅」
【知ってたらすごい!イタリアクイズ】ピサの斜塔が傾いたのはいつ?どうして?

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
丸山尚弓
丸山尚弓

美人すぎるメンズファッションライターとして活動中。メンズファッションを題材とした自身のFacebookは、コメントが女性目線で分かりやすいと好評で、紹介した商品には問い合わせが殺到。ファッション初心者を「素敵な男性」へと優しく導くことが信条。ライター以外の活動として、メンズブランドの企画やブランディングを行っています。特技はコミュニケーション力を活かして外国人ともすぐに友人になること。趣味はタウンウォッチと英語での映画鑑賞。

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa