FEATURE
TRAVEL 05 Mar 2019

保存版)イタリア旅行にいく前にしっかりチェック!日本から持っていくものリスト

SHARE

イタリアへ旅行に行くならチェック! 日本から持って行ったほうがいいものリスト

そろそろ春ですが、この時期になるとふと頭を過るのが、春休みやゴールデンウィーク中の旅行プラン。
旅行は楽しいものですが、様々なアクシデントに見舞われやすいイベントでもあります。

楽しい旅行にするために大事なこと、それは「万全の準備」そしてその中でも持ち物はとても大切です。
荷物が多すぎても大変ですが、「これは日本から持ってきた方がいいな」というものが何点かあります。
今回はそんな旅行の手荷についてのお話です。
旅行の荷造り時に、ちょっと気にとめてみてくださいね。

リストその1:1年中いつでも

・サングラス・・・日本より日差しがきついです。オシャレのためというより、目の保護。これの有り無しで目の疲れが全然違います。
・帽子・・・夏は日よけ、冬は防寒のため。日傘は観光客感が出る(狙われやすい)のと手がふさがるという2つの理由でオススメしません。
・折り畳み傘・・・突然の雨対策。冬は特に。
・歯ブラシ・・・イタリアでももちろん買えますが、日本のものより歯ブラシのヘッドが大きいので使いにくいです。

リストその2:夏の時期

・日焼け止め・・・日本でももちろん必要だとは思いますが、イタリアは思っている以上に日差しがきついです。紫外線対策は春から万全に!

リストその3:冬の時期(寒さ対策)

・カイロ・・・石畳は本当に冷えます。背中に一枚あるといいですよ
・防寒具・・・帽子・手袋・ブーツなど。

リストその4:町歩き用

・ショルダーバック・・・リュック・ポシェットはひったくりにあいやすいです。(一番いいのは手ぶらです。)
・ヒールのない歩きやすい靴・・・レストランに行くなどの歩かない時以外は、ヒールのない歩きやすい靴がおすすめです。石畳でヒールはなかなかきついですよ。
・ストール・大判のスカーフ・・・日よけ、冷房対策、寒さ対策など一枚あると便利です。美術館や教会など温度差が結構あります。

しっかり持ち物を整えて楽しいイタリア旅行を!

いかがでしたでしょうか?
意外と日本にいると、当たり前のことが外国では当たり前でなかったりしますので、準備は入念にしていきましょう。

とはいえ、旅行先を思い描いてあれこれ考えながらの荷造りって楽しいですよね。

上記のリストにあるものはもちろん現地でも調達可能ですが、すぐに使うものばかりなので日本から持っていくことをオススメします。

それでは良い旅を!

この記事を読んでいる人にオススメの記事
イタリア旅行で“変な人”と思われないための「マスク」のマナー
旅行中に髪がイマイチ…そんな時はプロの美容院でセットを〜イタリアの美容室の探し方から予約まで
南イタリアの絶景! カプリ・アマルフィ・ポジターノ周遊の旅

WRITER PROFILE
ワダシノブ
ワダシノブ

イラストレーター/マンガ家/gifアニメーター 🇮🇹在住、夏は🇯🇵 毎日 絵を描いています。ピザもご飯も好き。 ほぼ日刊note https://note.mu/shinobuwada コルクbooksでマンガ修行 https://corkbooks.com/users/?

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!