COLUMN
TRAVEL 26 Mar 2018

天使の月曜日「パスクエッタ」は、親しい人と小旅行へ

SHARE

イースター翌日は「パスクエッタ」と呼ばれ、宗教上の暦では「天使の月曜日」。イタリア人にとっては、キリストの復活と、本当の意味での春の訪れを告げる日と言え、友達や家族と旅行や遊びに出かける絶好のチャンスなのです。

italy

イタリア最大の湖、ガルダ湖。ガルダ湖の南岸、古代ローマの遺跡が残るシルミオーネは、人気の保養地

パスクエッタのピクニック

イースターの時期は、早ければ3月22日から4月2日、遅いと4月14日から25日と、毎年変わります。ですが、多くのイタリア人にとって、時期がいつであれ、パスクエッタの日には、町の外へピクニックへ出かけることが習慣になっています。

海に出かけたり、屋外でバーベキューをしたりと、その楽しみ方はさまざま。一般的には日帰りで楽しむことが多いようです。

italy

ボローニャの街並み

ミラノ近郊には魅力的な場所がいっぱい

ミラノに住む人々は選択肢がいっぱい。なぜならミラノは、いろんな場所に簡単にアクセスできる好立地。かつてローマ時代に、「メディオラーヌム」、つまり中継地として都市間を結ぶ街であったことに、この立地が由来しています。

ミラノからベルガモなんて、電車と車であっという間! 千年の歴史を持つ町の旧市街を散歩するだけで、歴史も学べてとても楽しい時間を過ごせます。時間が許せば、ぜひこの機会にガルダ湖まで足を伸ばしてはいかが? ミラノからちょうど1時間ほどで、湖のほとりにたたずむすばらしい町の景色を味わえます。

山好きの人には、歴史と文化の都トレンティーノ。雪が残っていれば、今年最後のスキーをするのもあり。夏が待ちきれない人には、ミラネーゼが愛してやまないリグーリア州サンタ・マルゲリータもおススメ。

italy

フィレンツェの街並み

海あり丘あり。トスカーナでリラックスした一時を

フィレンツェは、中部イタリアの芸術都市の中でも、最も人気のある観光地の1つ。しかし、車でヴァル・ドオルチャやキアンティの素晴らしいぶどう畑と丘陵地帯をドライブするのは、他では得難い経験です。トスカーナ地方は、これらの素晴らしい村以外にも、美しいビーチが数多くあり、多くのイタリア人がパスクエッタにそれらのビーチを訪れます。

ヴィアレッジョからプンタ・アラ、フォルテ・デイ・マルミからアルジェンタリオに至るまで、香り豊かな松林を持つトスカーナの海岸線は、気晴らしに理想的な場所。ローマからくる人の多くは、これらの海岸を頻繁に訪れます。その一方で、町に滞在することを好む人は、公園でバーベキューなどをしてピクニックをすることもできますよ。

italy

マルケ州・フラサッシの鍾乳洞

もう泳ぎたい! そんなあなたは、南イタリアまで足を伸ばして

南に行けば行くほど、気候的にも春と夏との区別が難しくなるので、シチリアではパスクエッタにもう泳いじゃう人も。ですが、シチリアの魅力は何といっても文化。

パレルモは今年ヨーロッパ文化首都ですし、このパスクエッタを機会に、バロック様式がアラブ=ノルマン様式と出会ったこのユニークな都市をぜひ知っていただきたいです。

サレルノ県のチレント公園には、トレッキングやロッククライミングのポイントが数多くあります。また、家族や子供連れの方には、ポンペイやカゼルタ宮などを巡る旅が理想的です。

Translated by Yasuo Asaki

WRITER PROFILE
ステファニア・ヴィティ Stefania Viti
ステファニア・ヴィティ Stefania Viti

ヴェネツィアのカ・フォスカリ大学日本文学科を卒業後、来日。約10年間の東京生活では、女性誌の編集や在日イタリア大使館のプレスとしても働く。ミラノへ戻り、新聞記者を経て、現在はイタリアの食材に特化したWebマガジン「ARTE CIBO」の副編集長をつとめる。イタリアで出版された著書に『Il Sushi/寿司』『L’Arte del Sushi/鮨の芸術』『Il Sushi Tradizionale/伝統的な鮨のレシピ』『Il Libro del Ramen/ラーメンの本』がある。2016年、ウンベルト・アニェッリ賞(日本とイタリアの文化の懸け橋を担うジャーナリストへ贈られる賞)を受賞。 Stefania Viti Webサイト http://www.stefaniaviti.com/ ARTE CIBO(アルテチーボ) http://www.artecibo.com/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine