COLUMN
TRAVEL 11 Apr 2018

ミラノの歴史を伝えるブレラ美術館

ステファニア・ヴィティ Stefania Viti
SHARE

建築遺産であり、ミラノの歴史そのものでもあるブレラ美術館は、展示会やミラノにちなんだイベントなどのさまざまな催しで、ミラノ市の美術界を牽引しています。高名なブレラ国立美術学院の発祥の地にあり、絵画の宝庫として世界にその名を知られています。

ナポレオンが美術館として公開

記録やぶりの美術館

世界中の美術館の中でもイタリアの美術館の入場者数が多いことは知られていますが、中でもブレラ美術館は、毎年予想を上回る入場者数でその記録を更新しています。

2017年には、名品の数々を鑑賞するために35万人がブレラ美術館を訪れており、2017年の入場者数は前年の6、2%増で、イタリア国内にある美術館の入場者数ランキングの17位でした。政策によって工夫された入場料や開館時間によって、イタリアの美術館は黄金期を迎えており、2017年の総入場者数は5000万人を超えています。

アンドレア・マンテーニャ「死せるキリスト」 1480年頃 ブレラ美術館

古代から近代まで幅広いコレクション

美術館の建物は、2万4000㎡におよぶ敷地内にあります。とりわけ絵画コレクションが充実していて、ヴェネト派、ロンバルディア派、宗教的なモチーフの作品が充実しています。他にもティントレット、ジョヴァンニ・ベッリーニ、ルーベンス、ヴァン・ダイク、フランチェスコ・アイエツのみならず、ピエロ・デッラ・フランチェスカ、アンドレア・マンテーニャ、ラッファエッロ、ブラマンテ、カラヴァッジョなど、14世紀から19世紀の国内外のアーティストの秀作も収蔵されています。

1980年代には、エミリオとマリア・イエージの寄贈によってピカソ、ボッチョーニ、モディリアーニ、アルツーロ・マルティーニ、マリーノ・マリーニ、モランディ、カッラ、デ・ピジスを含む1900年代の絵画や彫刻がコレクションに加わって、ますます充実した比類ない美術館となり、美術愛好家には避けて通ることのできない名所になっています。

中庭を囲む優雅な宮殿

もともとは17世紀に建てられたイエズス会の施設でした。この宮殿(ブライデンセ図書館、天文台、植物園、ロンバルディア科学文学学院などの文化施設も併設していた)に滞在していたオーストリア大公マリア・テレジアの希望で、美術学院の生徒達の教育のために、1776年より絵画の収集が始められたのです。ブレラ美術館として開館されたのは1809年です。

この建物は当時ラテン語で「ブライダ」と呼ばれた郊外の未開拓の土地に建設されたことから、ブレラの名が付けられたと言われています。建物は中庭を囲む優雅な二階建ての回廊が特徴で、庭の中央にはアントニオ・カノーヴァの考案によるナポレオン像が立っています。2009年には収蔵作品の作家達にちなんだ数多くのイベントを催して、開館200周年を祝いました。

Translated by Yasuo Asaki

WRITER PROFILE
ステファニア・ヴィティ Stefania Viti
ステファニア・ヴィティ Stefania Viti

ヴェネツィアのカ・フォスカリ大学日本文学科を卒業後、来日。約10年間の東京生活では、女性誌の編集や在日イタリア大使館のプレスとしても働く。ミラノへ戻り、新聞記者を経て、現在はイタリアの食材に特化したWebマガジン「ARTE CIBO」の副編集長をつとめる。イタリアで出版された著書に『Il Sushi/寿司』『L’Arte del Sushi/鮨の芸術』『Il Sushi Tradizionale/伝統的な鮨のレシピ』『Il Libro del Ramen/ラーメンの本』がある。2016年、ウンベルト・アニェッリ賞(日本とイタリアの文化の懸け橋を担うジャーナリストへ贈られる賞)を受賞。 Stefania Viti Webサイト http://www.stefaniaviti.com/ ARTE CIBO(アルテチーボ) http://www.artecibo.com/

PR

定番の魅力はさり気なさに〜パンダの底力「歴史とデザイン」

fiat magazine CIAO!
PR

SUVになかったモノがアバルトにはあった アバルトライフFile.14 横澤さんと595コンペティツィオーネ

ABARTH Scorpion Magazine
PR

高機能かつスタイリッシュ! 干場義雅氏がレコメンドする“紳士”のためのレイングッズ特集

Mondo Alfa
PR

[FIAT×MIJP Vol.13]日本の雅を表現した一位一刀彫りのシェルフ

fiat magazine CIAO!
PR

The SCORPION SPIRIT Vol.1松島花さん 自分のイメージを裏切るようなことにチャレンジしたい

ABARTH Scorpion Magazine
PR

相模湾を臨む憧れの名門ゴルフコース・川奈ホテルゴルフコース 富士コース。その歴史と魅力を探る

Mondo Alfa