EDITOR'S PICK
TRAVEL 16 Aug 2018

ヴェネチアにいちばん似合う設定|吉本ばななさんのイタリアエッセー

SHARE

やむない仕事の事情のために、別れてまもない男性とヴェネチアで会うことになった。他にたくさん旅仲間がいたのだが、たまたまムラーノ島からの帰りの小さな渡し舟の中で彼と隣り合わせになった。

海は夕暮れのオレンジと白が混じったような不思議な色に沈み、ところどころについた明かりが鮮やかな光を放ち、その人と別れてしまったことがとてつもなく悲しく思えた。同じ景色を同じように見ていても、もうあのときとは違う。それをふたりの間でよい思い出として貯めていくことはなくなってしまったのだ。

ヴェネチアの路地は昼でも夜でも入り組んでいて、すぐ方向を見失ってしまう。河の上にいるときははっきりとわかっていたはずの方向が、路地を迷っているとさっぱりわからなくなる。

私たちには案内役をしてくれていたイタリア人の青年がいたからあまり迷わずに済んだのだが、あちこちで泣きそうになりながら、マップを持って自分のホテルを探している観光客を見かけてどきどきした。

その旅のもうひとつの問題は、合流してきたその青年の恋人が、ほんとうは二人で過ごすはずだった休暇に割り込んだ私たちを決して快く思っていなかったことであった。うっすら嫌がられている空気の中、少し険悪になったそのカップルの間で居心地が悪かった。居心地が悪いとますます景色の美しさがしみてくる。サン・マルコ広場はにぎやかなのにどこかうら淋しく、水の底に沈んでいきそうな雰囲気だった。

せっかくだから行っておこう、と訪れたハリーズ・バーのベリーニの薄い味を一生忘れないと思う。だれもがそれぞれの思いを抱き、悲しみを抱き、うまくかみあわずに過ごす。そんな奇妙な設定によく似合う街、忘れがたい美しさに満ちた水の匂いがする街。嫌いだけれど懐かしい、そんなところ。

イラスト:Rumi Hara https://www.rumihara.com/

【初出:この記事は2018年2月14日、初公開されました@AGARU ITALIA】

WRITER PROFILE
吉本ばなな Banana Yoshimoto
吉本ばなな Banana Yoshimoto

1964年東京都生まれ。1987年『キッチン』で第六回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。近著に、小説『吹上奇譚 第一話 ミミとこだち』、noteにて配信中のメルマガ「どくだみちゃんとふしばな」(https://note.mu/d_f)をまとめた『すべての始まり どくだみちゃんとふしばな1』、『忘れたふり どくだみちゃんとふしばな2』(以上、すべて幻冬舎)がある。 吉本ばなな公式サイト http://www.yoshimotobanana.com/  

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa