LIFESTYLE 01 Jul 2018

7月前半の運勢【マダム・アローラの星占い】

SHARE

プライベートの楽しみを充実させて

引き続き、仲間や家族のような親しい間柄の人たちと心を通わせたり、ほっとくつろげる時間をもてそうな時期ですね。7月上旬は、蟹座の太陽、蠍座の木星、魚座の海王星でグランドトラインができています。

感情が揺さぶられることもありそうですが、だからこそ、あなたのやさしい気遣いや、あたたかい言葉を伝えることで、大切な誰かとの絆を強くできるときです。

水瓶座の火星が逆行しているので(6月27日から)、「個人」と「組織」のあいだで葛藤を感じやすいかも。
水瓶座の火星は、個人の権利を確立したり、社会の中でフェアネスを実現することに情熱をもやしますが、会社や自分が所属している組織の中で、「自分らしくあること」より「組織のメンバーであること」を優先せざるをえない場面が出てきそう。

火星が逆行するときは、怒りや感情の暴走などもおこりやすいときですが、短気は損気。もし相手が感情的になっていても、いまは誰しも感情が高ぶりやすい時期だと理解して、冷静に対応しましょう。ここは将来を見据え、知恵を働かせて大人の対応をするのがよさそうです。

水瓶座のキーワードは「未来、理想、仲間」。自分にとって望ましい未来のイメージを思い描いて、理想的な未来を実現するためには、いま、自分のエネルギーをどう使ったらいいのか、じっくり考えるのにはいい時期です。

それから、仲間づくり。理想や未来のヴィジョンを共有できる人を見つけたり、コミュニケーションをとることが大切。

7月13日は、蟹座で新月(部分日食)。蟹座の太陽と月は、山羊座の冥王星とオポジションなので、公私ともに新たなスタートを切るタイミングですが、そこには大きなプレッシャーもありそうです。

この時期、乙女座の金星、山羊座の土星、牡牛座の天王星でグランドトラインができるので、現実的な面や経済的な面では、安定や満足感をえられそう。変化を受け入れながら、収入がアップしたり、快適な生活を楽しめそうなときです。

【「マダム・アローラの星占い」バックナンバーの一覧はこちら】


【マダム・アローラの星占いについて】
いわゆる12星座の星占いは、太陽星座が双子座なら「あなたは双子座」というふうに、大きく12タイプに分類します。でも、実際の個人のホロスコープというのは、たとえば太陽サインは牡羊座であっても、月は天秤座、金星は牡牛座、火星は蠍座…というふうに、天体ごとにサインが違っているもの。自分の太陽サインの占いを読んでも「ピンとこない」「当たらない」と感じることがあります。ですから、ここでは、サインごとの運勢ではなく、いまの空模様から考えられる全体の運勢についてお話していきます。

WRITER PROFILE
マダム・アローラ Madame Allora
マダム・アローラ Madame Allora

西洋占星術を独学で学ぶ。トレヴィの泉で産湯を使い、姓も名もミラノの霧に紛れたシニョーラ、人呼んでマダム・アローラ。好きな映画は、フェデリコ・フェリーニの『道』。好きなイタリア人画家は、カルロ・クリヴェッリ。もらってうれしいお菓子は、カファレルのチョコレート。

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa