FEATURE
FOOD 23 Aug 2019

【イタリア最高の産地を巡るワイン付きマガジン月刊DOCG】特別連載vol.3「ドルチェットの聖地を巡る」後編

SHARE

「ドルチェットを巡る旅」後編はディアーノ・ダルバ

イタリアワインの格付けにおいて最も厳正な規定が設けられている、いわばイタリアワインの最高峰に位置するのがDOCG(原産地呼称保証付き統制ワイン)。このプレミアムなワインと、そのワインが生まれた地を、イタリアワインの輸入・販売を手掛けるVino Hayashi発行の【月刊DOCG】の協力のもと、その一部をご紹介する特別連載がこちらです。

前回はピエモンテ州のOVADA(オヴァダ)をご紹介しましたが、その後編としてDIANO D’ALBA(ディアーノ・ダルバ)を歩き、そこでドルチェットを使ったDOCGを飲んでみましょう。

ドルチェットの街ディアーノ・ダルバを歩く

ピエモンテ州ディアーノ・ダルバのブドウ畑

なだらかな丘陵地帯のディアーノ・ダルバ。きれいに整備されたブドウ畑が広がります。

ピエモンテ州の丘の上に建つバッロキアーレ教会は1763年の建立

丘の上に建つバッロキアーレ教会は、1763年の建立。

ディアーノ・ダルバのエノテカ「イ・ソリ・ディ・ディアーノ・ダルバ」には地元でしか飲めないワインが揃う

ディアーノ・ダルバ市役所そばのエノテカ「イ・ソリ・ディ・ディアーノ・ダルバ」。ディアーノ・ダルバのほとんどの生産者のワインがここに揃っています。

教会の中に赤ワインの熟成用バリックがある

歴史的建造物の貯蔵庫に置かれる赤ワイン熟成用のバリック。

ディアーノ・ダルバの高台からはバローロの生産エリアや世界遺産グリンザーネ・カブールの町が見渡せる

高台のベルヴェデーレ広場からは、世界遺産にも登録された城を持つグリンザーネ・カブールの町や、バローロの生産エリアを眺めることができました。

ディアーノ・ダルバDOCGの基礎知識

生産地はブドウ畑の景観がユネスコ世界遺産に尊くされたランゲ地方の中心都市、アルバの南側に位置します。2つの川に挟まれて形成されている非常に限定された小さなエリアです。

バローロの生産エリアも近く、バローロとディアーノ・ダルバの両方を造っている生産者も何件か見られます。

ワインはフレッシュさに加えミネラル感があります。1~2年熟成するとより骨格やスパイシーさが現れます。タンニンは強すぎず、華やかでエレガントな仕上がりの印象です。

Diano d’AlbaのドルチェットはすべてDOCGとなります。

「ディアーノ・ダルバDOCG」州:ピエモンテ DOCG昇格年:2010年 ワイナリー数:45社程度 ブドウ品種:ドルチェット100% 法定熟成期間:1年以上 ワインのタイプ:赤

※ラベル表記 “Dolcetto di Diano d’Alba”もしくは“Diano d’Alba”。Diano d’Alba=ドルチェットという概念として、近年ではラベルの記載から“Dolcetto di”を名乗る必要はなくなりました。特定の畑(ソリ)はその畑名をラベルに表記することができます。

地形と風土

ディアーノ・ダルバには太陽が当たる場所という意味のソリがある

アルバの町の南に位置する人口約3,600人の小さなコムーネ「ディアーノ・ダルバ」。現在町の中心となっている丘には、かつて「ダイアナの森」がありました。ダイアナとは古代ローマ人とリグーリア人にとって「狩猟の女神」であり、イタリア語ではDiana(ディアーナ)。これがこの町の名前の由来となっています。
高台のベルヴェデーレ広場からは、世界遺産にも登録された城で有名なグリンザーネ・カブールの町や、バローロの生産エリアを眺めることができます。

ディアーノ・ダルバのブドウ畑は標高約500mの丘から東側に位置するリッカ、西側に位置するヴァッレ・タッロイアという集落の方向へ向かって下る斜面一体に広がっています。
主にピエモンテ州で使われるソリという言葉は「とても日当たりの良い場所」という意味を持ち、ブドウ栽培に適した地域であることを示します。ディアーノ・ダルバでは1996年にソリの協会ができ、今日では76にも及ぶソリが認められていることが特徴です(バルバレスDOCGのクリュ数は69)。特定のソリのブドウで造られたワインにはラベルにソリ名を示すことができます。

今月のワイン

今月のワイン、ブランディ・ジョヴァンニ ドルチェット・ディ・ディアーノ・ダルバ

ブランディ・ジョヴァンニ ドルチェット・ディ・ディアーノ・ダルバ
ディアーノ・ダルバのエリア内北西に位置するソリ・クリスティーナ。標高350mに位置する畑は僅か1.2ヘクタールで、南西向きの石灰質土壌。ブドウは9月末に収穫します。
発酵は香りを大切にするために20℃で1週間ほど行います。その後ステンレスタンクを5~6回交換しながら10ヶ月間熟成します。
スミレやカシスのような香り。黒果味の凝縮感があり、タンニンは強すぎずエレガント。ブドウの樹齢は50~90年と大変古く、ミネラル感に溢れた味わいに仕上がっています。年間生産本数は5000本。

DATA
ヴィンテージ:2017 アルコール度数:14.0% ブドウ品種:ドルチェット100% 畑名:Sörì Cristina(ソリ クリスティーナ) 希望小売価格:3600円(税別)

ブランディ・ジョヴァンニ ドルチェット・ディ・ディアーノ・ダルバ2017の購入はコチラ

【月刊DOCG】とは?
希少で個性豊かなイタリアワインの輸入・販売を行う株式会社Vino Hayashiによる、イタリアの「地酒」の最高峰であるDOCG銘柄のワインと、生産地の旅情報を掲載したマガジン【月刊DOCG】を2019年3月から発行しています。約5年で全74銘柄を網羅する予定。メジャーなのにマニアックなDOCGワインの旅へあなたをお連れします。ライターはイタリアソムリエ協会認定ソムリエの鶴岡 恵さん。

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
【イタリア最高の産地を巡るワイン付きマガジン月刊DOCG】特別連載vol.1「アマローネを旅する」
【イタリア最高の産地を巡るワイン付きマガジン月刊DOCG】特別連載vol.2「ドルチェットの聖地を巡る」前編
イタリアワイン専門Vino Hayashi代表取締役・林 功二さんに訊く「イタリアワインの上手な選び方」

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
Vino Hayashi
Vino Hayashi

6年半に渡り、イタリアで最も長くミシュラン三つ星を維持するリストランテ・ダル・ペスカトーレ(イタリア北部マントヴァ)のシェフソムリエ を勤めた林 基就は、イタリア国際ワインアワードでは『オスカー・デル・ヴィーノ2012』にて、アジア人初の「最優秀ソムリエ賞」を受賞。2010年に、ワインの輸入・販売事業を行う株式会社Vino Hayashiを、実弟の元商社マンである林 功二と共に設立。これまでイタリア国内のみでしか流通されていなかった、希少で個性豊かなイタリアワインを中心にお届けしています。http://store.vinohayashi.jp/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine