EDITOR'S PICK
FOOD 18 Oct 2019

イタリアワイン紀行 vol.2  ロミオとジュリエットの街ヴェローナへ濃厚なアマローネの旅 美しいワイナリー付ヴィラ ホテル ヴィラ ジオナ(Hotel Villa Giona)へ

SHARE

情熱的でほろ苦い「アマローネ」を求め愛の街ヴェローナへ

ロミオとジュリエットの舞台である愛の街ヴェローナ

写真は世界一有名なベランダ。今回は、ロミオとジュリエットの舞台である愛の街ヴェローナ、そして北部のワイン産地ヴァルポリチェッラへイタリア最高峰アマローネを求めて訪れました。

イタリア語で苦い(アマーロ)という意味を持つワイン「アマローネ」。
陰干しして糖度が上がったブドウから作られるアマローネは果実味がぎゅっと凝縮された力強いイタリア最高峰の辛口赤ワインです。完熟したブドウを3~4ヶ月陰干しし、果汁を凝縮させ40~45%ほど水分を取り除いてからブドウを発酵させます。発酵後の果汁は最低2年以上の樽熟成と6ヵ月以上の瓶内熟成されようやくリリースされます。
上品なタンニンとコクと共にスミレや赤い実のジャム、ヘーゼルナッツやチョコレートなど複雑性のある香りを感じ取ることができます。価格は5,000円台から1万円、ヴィンテージやあたり年のものになると数万円で販売されているものもあり世界のワイン愛好家からも一目置かれる高級ワインです。

モダンアートな空間 1925年創業のパスクアワイナリー

訪れたワイナリーはヴェローナ郊外に位置するパスクアワイナリー

訪れたワイナリーはヴェローナ郊外に位置するパスクアワイナリー。モダンなワイナリー内で目を引くのは所々に飾られているアートの数々です。美しいボトルのデザインと心地よい飲み口のロゼワイン11ミニッツの展示スペースには光と鏡を使用した幻想的な空間が広がります。約9年以上の伝統とニューヨーク風のテイストが融合したワイナリーの魅力はワインの製造、試飲だけに留まりません。

。約9年以上の伝統とニューヨーク風のテイストが融合したワイナリー

3代目パスクアブラザーズが手がける革新的なワイナリー

パスクアは世界50ヶ国でワインを販売しています

初代パスクアブラザーズがブドウ畑とワイン作りを始めたのは1925年。故郷のプーリアからヴェローナへ拠点を移しワイン貿易に専念する新しいビジネスを確立し、貿易と小売業から本物のワイナリーを創業する決意を決めました。
60年代に、第2世代の家族がビジネスに参入し、輸出の機会と品質向上に力を入れます。第3世代目のメンバーが会社をリードし始めるようになり2009年にニューヨークに会社を設立。以降マーケットを世界中に拡大し現在、世界50ヶ国でワインを販売しています。

「決して諦めるな」「ヘイ、フランス人」ボトルのエチケットに遊び心を

 Hey French (ヘイ、フランス人!) と挑戦的な名前が付けられた白ワイン

「Mai dire mai(決して諦めるな)」というワインは若手アーティストや職人をサポートするプロジェクトによって生まれました。
文頭でご紹介したロゼワインの11ミニッツは、マセラシオンの過程でワインに美しいピンクの色がつくまでの時間に由来し、他にも「Romeo & Juliet(ロミオとジュリエット)」など斬新でセンスの良いネーミングには、それぞれ違う意味が含まれています。

中でも「 Hey French(ヘイ、フランス人!)」と挑戦的な名前が付けられた白ワインは、ガルガーネガ、ピノビアンコ、ソーヴィニヨンのブレンドの辛口ワインで「この素晴らしい白ワインを、君たちフランス人は作れなかったんだね」と、同じくワイン大国であるフランスへ向け、ヨーロッパらしい冗談交じりの辛口なメッセージが込められています。
パスクア ワイナリー
https://www.pasqua.it/en/home/

瞑想ワインといわれる理由とは?

試飲室の扉を開けると、そこはまるでマンハッタンのヒップなバーのような洗練された空間が広がります。
バーカウンターが印象的なこの部屋では、地元のチーズやサラミを使ったフォカッチャと共に7種類のワインを試飲させて頂きました。入り口の展示スペースでテーマとなったロゼから始まり、ヴェネトを代表するソアベクラシコの白ワイン2種、赤ワインはアマローネの産地ヴァルポリチェッラの辛口赤ワイン2種に、最後は樽で2年間熟成された本場のアマローネを。
「以前は、みんなソアベの白を好んで飲んでいましたが、今は夏でもバルポリチェッラの赤ワインが人気です」。案内をしてくれたデジャナさんによると、イタリアの習慣であるアペリティーボのドリンクにも地域ごとに流行があるのだそう。
本場のアマローネの味はというと、濃縮された果汁のしっかり、そしてまろやかな味わい、口の中に上品な余韻が残ります。料理と合わせなくともワインだけで充分満足できる、まさに「瞑想ワイン」と表現されるのも納得の味わいでした。

アマローネの地で飲むべき「リパッソ」

リパッソとは、アマローネの造り手による伝統的な醸造方法です。醸造過程において、一度アルコール発酵させたワインに陰干しブドウから作られたアマローネの搾りかすを加え、残っている糖分を再びアルコール発酵(リパッソ)させる独特の製法です。搾りかすを使うことでアマローネ独特の深みとコクがワインに加わり、アマローネのニュアンスを兼ね備えた赤ワインをお手頃価格で楽しむことができます。

イタリアンスタイルの優雅なワイナリー付ヴィラ ホテル ヴィラ ジオナ(Hotel Villa Giona)

ヴェローナ郊外のワイン産地ヴァルポリチェッラのワイナリー巡りで宿泊したのは、サン ピエトロ イン カリアーノにあるワイナリーと屋外プール付き「Hotel Villa Giona(ホテル ヴィラ ジオナ)」です。
可愛らしいコルネットやフルーツが並ぶエレガントな朝食ブッフェで美味しく幸せなヴェローナの朝をスタートできます。ヴィラ敷地内にワイナリーを所有しており、館内のバーでは、経験豊富なバーテンダーによる創造的なカクテルが1日の最後に感激と至福のひとときを与えてくれます。

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
イタリアワイン紀行 vol.1 シチリア島 地中海の青い楽園 ヴェルドゥーラ・リゾート(Verdura Resort)
世界遺産「エトナ山」の麓にある老舗ワイナリー「NICOSIA(ニコシア)」で味わうワインの秘密
【イタリア最高の産地を巡るワイン付きマガジン月刊DOCG】特別連載vol.1「アマローネを旅する」

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
マリーニ あゆみ Ayumi Marini
マリーニ あゆみ Ayumi Marini

イタリアソムリエ協会認定ソムリエ。客室乗務員として勤務後、ミスユニバースファイナリストに選出されたのを機にモデル、語学留学など経験。結婚後イタリアへ拠点を移し、ワインの宝庫ピエモンテでワインと出会う。旅とワインのブログではイタリアワインや旅の様子を発信中。https://asmwine.com/

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa