Wakapedia × Shop Italia スペシャルコラボレーション 特設ページはこちら
COLUMN
FOOD 31 Jan 2020

バレンタインデーのチョコレート選びに迷ったら、EATALY(イータリー)が解決してくれます

SHARE

イータリーはイタリアン・チョコレートのセレクトも秀逸です

いよいよ迫ってきたバレンタインデー。さまざまな場所でイベントが開催されていますね。そんななか、SHOP ITALIAがオススメしたいチョコレートのひとつが、EATALY(イータリー)です。
ご存知の通り、イータリーとは2007年にトリノでスタートした食材販売とレストランを融合したフードマーケット。店名は、英語のEATとITALYを組み合わせたもので、最高品質のイタリア食材を知ってもらい、優れた食文化を促進することを目指したネーミングです。イータリーは生産者の顔、製造方法や歴史、品質へのこだわりや持続可能性への配慮について、「食べる」「買う」「学ぶ」機会を、日本橋三越と東京駅構内グランスタ丸の内で提供しています。

イータリーのチョコレート売り場

かくいう私も、ここを訪れると時間を忘れてイタリアの食に没頭してしまいます。ワインは州ごとにわけられ、ブドウ品種の違いとともに、「さてどれにしようか」と楽しい週末ワインへの想像をやめさせません。さらに、生ハムやパンツェッタの塊に圧倒され、珍しいオリーブオイルやパスタにワクワクが止まりません。

イータリーのチョコレート売り場

そんなイタリア食のスペシャリティストアですから、チョコレートだって凄いのです。どれも個性豊かで、品質や歴史、製造方法へのこだわりが深く感じられるものばかり。単一ブランド店では成しえない、あれこれ選べて、それをセットにしちゃうことだって可能。バレンタインデーのチョコレート選びに迷ったら、イータリーに行けば、解決します。
今回は中でもオススメのチョコレートをご紹介します。

Venchi(ヴェンキ)

ヴェンキのチョコレート「Cuba Rhum Gift Bag(キューバラム ギフトバッグ)​」、「Cuba Gin Gift Bag(キューバジン ギフトバッグ)​」各3,000円(税抜)

まずはトリノの老舗、Venchi(ヴェンキ)から。​左の「Cuba Rhum Gift Bag(キューバラム ギフトバッグ)​」は、カカオ56%のダークチョコレートの中に、ラムを練り込んだチョコレートクリームを閉じ込めた大人のチョコレート。単なるアルコール入りのチョコレートとは一線を画す、上品で繊細な味わいが魅力です。​
右の「Cuba Gin Gift Bag(キューバジン ギフトバッグ)​」は、ミルクチョコレートの中に、ジンを練り込んだミルククリームを閉じ込めた、こちらも大人のチョコレート。ジンの香りが鼻に抜ける瞬間はまさに至福。​

ヴェンキのチョコレートチョコレート各種​13.8円/g(税抜)

​こちらもヴェンキのチョコレート。量り売りなので、いろいろな味や形を詰め込めます。種類も豊富で、ピエモンテ州産ヘーゼルナッツをたっぷり練り込んだ伝統的なチョコレート「ジャンドゥイオット」をはじめ、香り豊かなピスタチオを練り込んだチョコレートに、塩味をアクセントに加えたチョコレート、ティラミスやカプチーノなど、イタリアらしいバラエティ豊かなチョコレートを1粒からg単位で購入できます。​バレンタイン限定のハート形チョコレート(赤:ミルクチョコレート、ピンク:ダークチョコレート)は、この時期だけなので見逃せません。

SABADI(サバディ)

サバディのチョコレートCioccolato di Modica(チョコラート ディ モディカシリーズ)​各660円​(税抜)

​続いて、シチリア島の世界遺産の街モディカのチョコレート、SABADI(サバディ)​をご紹介します。16世紀、シチリアはスペイン統治下にあり、彼らの文化が浸透していました。当時、スペインはアステカ帝国(現在のメキシコ中央部およびその周辺)もその手に入れ、同地のカカオがシチリアに入り、それがチョコレートになりました。その製法を今なお受け継ぐのがサバティなのです。カカオ豆と砂糖のザクザクとした食感が特徴で、スパイスやフルーツを使ったフレーバー9種類を展開。お酒との相性も格別です。パッケージのイラストもユーモラス!​
ラインナップはこちら。
・Rosella(ロッセッラ):ブラッドオレンジピール​
・Donato(ドナート):リモーネ インテルドナート(レモンとシトロンの自然交配種)のピール​
・Darino(ダリーノ):マンダリーノ タルディーヴォ ディ チャクッリ(チャクッリ産の晩熟マンダリン)のピール​
・Nella(ネッラ):シナモン​
・Lo Scuro(スクーロ):黒砂糖を使用したチョコ​
・Cino(チーノ):赤唐辛子​
・Rajah(ラジャ):白コショウ​
・Tritone(トリトーネ):天日塩​
・Zen(ゼン):ショウガ​

TARTUFLANGE(タルトゥフランゲ)​

タルトゥフランゲのチョコレートTRIFULOT 左から「ヘーゼルナッツ入りホワイトチョコレート」1,200円、「トリュフ入りホワイトチョコレート」1,400円、「ヘーゼルナッツ入りブラックチョコレート」1,200円、「カプチーノ」1,200円、「エクストラダーク​」1,200円、「キャラメルソルト」1,200円 各10粒セット 価格はすべて税抜

​タルトゥフランゲは、その名の通り白トリュフの産地として有名なピエモンテ州アルバ県ランゲにある世界屈指のトリュフメーカーです。この地方に数多くあるトリュフメーカーの中でも取り扱うトリュフの品質は高く、多くの星付レストランからも信頼され、世界中のグルメを魅了しています。トリュフを入れた塩やオリーブオイルも展開し、さらにチョコレートも人気です。ヘーゼルナッツをたっぷり練り込んだものや、トリュフ製品を扱うブランドらしいトリュフを練り込んだものなど個性豊かなチョコレートを展開しています。フレーバーは6種類。それぞれ10粒のアソートで販売。 ​

DOMORI(ドモーリ)

ドモーリのチョコレート​THE ORIGINS(シングルオリジン)各980円(税抜)​

北イタリア・トリノに本拠地を置くドモーリ(1994年創業)は、カカオへのこだわりの強いチョコレートです。こちらは産地ごとのカカオときび砂糖のみを使用した、カカオ分 70%のダークチョコレート。各産地のカカオ特有の香り、味わいが楽しめます。​動物のイラストもお洒落ですね。
「TANZANIA(タンザニア)」は、カカオの力強い香りと、スパイシーでベリーのような風味が口の中に広がります。​
「PERU(ペルー)​」は、花・キャラメル・ミルククリームのような香りと、微かに感じる酸味が絶妙なハーモニーを奏でます。​
「VENEZUELA(ベネゼエラ)」は、アーモンド・コーヒーのような香りと、口当たりの良い酸味・苦みが特徴です。​
「MADAGASCAR(マダガスカル)」は、ナッツやシナモンのような香りと、個性的な酸味、心地よい渋みがやみつきになるでしょう。

EATALY(イータリー)

イータリーのチョコレート「Cremino Gift クレミノギフト​」2,800円​(税抜)​

食のスペシャリティストア、イータリーだから実現できる名チョコレートの詰め合わせギフトボックスがこちら。内容は、先にご紹介したヴェンキとドモーリのクレミノチョコレート6種をアソート。ヘーゼルナッツをたっぷり練り込んだチョコレートを層にして作られるクレミノチョコレートは、カカオの香りが感じられ、ナッツの香ばし風味が口いっぱいに広がります。専用ボックスもスペシャルで嬉しいですね。

さて、バレンタインデーのチョコレート選びに迷ったら、イータリーへ行ってみてください。イタリアが誇る名チョコレートが揃っているので、絶対に相手に喜ばれます。さらに、同店のワインやパスタなど上質イタリア食もセットで贈れば、perfetto!

EATALY グランスタ丸の内店

東京都千代田区丸の内1-9-1、JR東日本東京駅B1
03-3217-7070
月~土曜日8:00-23:00/レストラン 11:00-23:00
日曜日・連休最終日8:00-22:00/ レストラン11:00-22:00
https://www.eataly.co.jp/eataly-gransta-marunouchi/

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
アペリティーボを楽しむのに、EATALY(イータリー)がオススメの理由とは?
「EATALY(イータリー)」が公式通販サイトをオープンして、キャンペーンを実施中!

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
荻山尚
荻山尚

SHOP ITALIA編集長。ENGINEやCAR MAGAZINEなどの自動車雑誌編集者を経て、LEON副編集長、SENSE編集長を務めるなどファッションへの造詣も深い1972年生まれ。ピッティ・ウォモやミラノのコレクション、国際試乗会などイタリア取材の経験も豊富。

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa