EDITOR'S PICK
FOOD 08 Jan 2020

Jaffaが教えるナポリピッツァの真実Vol.07 「成田山新勝寺初詣と贅沢トリュフピッツァで2020年の幕開けを」

SHARE

初詣とナポリピッツァの共演を楽しみましょう

あけましておめでとうございます。
本年もSHOP ITALIA「Jaffaが教えるナポリピッツァの真実」をよろしくお願い申しあげます。今回は2020年の始まりにふさわしい、成田山新勝寺初詣の裏技と、参道で楽しめる本格的で贅沢なナポリピッツァをご紹介しましょう。

成田山新勝寺

毎年初詣の参拝客の多さでは全国の神社仏閣の中でも3本の指に入るのが、千葉県の成田市にある「成田山新勝寺」です。

テレビでは入場制限をするほど大勢の参拝客が押しかけている様子が映されるので、行くのを躊躇してしまいますが、知っていると得する裏技参拝方法があります。

我が家は20年以上も夫婦で毎年成田山新勝寺に初詣に行っているので、元旦から大行列を避けた裏技初詣をしています。ここ数年は参拝の後で、参道にあるピッツェリアで素晴らしいナポリピッツァを楽しんでピッツァ初めもしています。

初日の出

成田山新勝寺の元旦の初詣は、午前5時半から6時半の間に到着するように行くと、あまり並ばずに参拝を済ませることが出来ます。年越しを境内で迎えた人々が帰り、新年になってから電車などで来る人達が到着する前の時間帯であり、境内で7時前の初日の出を拝むことが出来る時間です。
僕は毎年12月31日は成田駅近くのホテルに宿泊をすることにしていますが、駐車場も困らないし意外にリーズナブルに泊まれるのでお薦めです。

成田山新勝寺

創建から1080年を越える成田山新勝寺は、全国の不動明王信仰の総本山であり、歌舞伎などの芸能や子授け、勝負事などに霊験あらたかなお寺さんです。せっかく訪れたら本堂で1時間ごとに行われる護摩焚き法要で気持ちを引き締め、出世稲荷、奥の院といったパワースポットや、滝のある公園や博物館なども訪れると良いでしょう。初日の出を受けて輝く平和の大塔も美しいのでお薦めです。

成田山新勝寺

成田山新勝寺参道にある名ピッツァ店へ

さて、そんな成田山新勝寺にJRや京成の成田駅から向かう参道にあるのが「ピッツェリア・ポジターノ」です。外観は参道にある商店に共通の和風の造りで、大きな歌舞伎の隈取りが掲げられたお店は、美味しいイタリア料理と本格的なナポリピッツァ、素晴らしいワインが楽しめる店には見えませんね。

成田山新勝寺の俯瞰図

ピッツェリア・ポジターノの元旦の開店時刻は11時なので、成田山新勝寺の初詣を終えてちょうどお腹も空いてくる頃です。

店内は1階がテイクアウト専用コーナーで、2階がダイニングになっています。テーブルもゆったりと配置されているので、ご家族や友人達と訪れても隣の会話が気になりません。

ピッツェリアポジターノの店内

イタリアの写真やワインなども飾られていて、特に奥のテーブルは、窓の外にナポリの景勝地ポジターノの景色が見える工夫がされているので、ポジターノのレストランに来た気分を楽しめます。

イタリアのクラフトビール「ビッラアントニアーナ」のワーレキアーロ

オーナーの佐久間啓シェフは、ワインソムリエの資格も持っているので、ワインの品揃えやセンスも素晴らしいですが、スターターはイタリアのクラフトビール「ビッラ・アントニアーナ」の「マーレキアーロ」がお薦めです。このビールは美味しいだけでなく、新春にふさわしい華やかなラベルで、ナポリの昔の景色がトロピカルに描かれています。

前菜のサラダ

シェフのお任せにすると、サラダや前菜など佐久間シェフの経験と技術が生かされた目にも美しく美味しいものが楽しめます。

「大浦牛蒡」のポタージュ

成田山新勝寺の精進料理にも使われる縁起の良い食材「大浦牛蒡」のポタージュからスタートしました。

佐久間シェフはフランス料理とイタリア料理の経験があるため、正月らしく見た目にも美しく、地元の美味しい食材を使った料理を提供してくれます。

ポジターノのシェフ佐久間シェフ

料理やピッツァは、1階のキッチンで佐久間シェフが一人で作っているので、焦らずにゆっくり待ちましょう。

ポジターノのシェフ佐久間シェフ

料理経験の高さだけでなく、ナポリで開催されたピッツァ職人の世界大会で準優勝した実力を持つ、佐久間シェフの料理センスとピッツァの技術を活かしたナポリピッツァがとても美味しいです。

SHOP ITALIAの読者のために特別なピッツァをご用意

今回はSHOP ITALIAの読者のために、佐久間シェフにお願いしてお正月用の特別なピッツァを考えてもらいました。

トリュフのペーストがたくさんのったピッツァポルケッタ・ペストタルトゥーフォ(1980円)

伸ばした生地に、トリュフのペーストとプロヴォーラアフミカータ(燻製モッツァレラチーズ)、ポルケッタ(ローストポーク)、リコッタチーズを乗せて仕上げに新鮮な野菜とトリュフをスライスした贅沢なピッツァです。
ポルケッタはイタリアではお祝いの時に食べられるローストポークなので、お正月にもぴったりです。
このピッツァが食べたいと思った方は店頭で「SHOP ITALIAに載っていたトリュフとポルケッタのピッツァが食べたい」と言ってくださいね。

参道には行列の出来ているうなぎ屋さんなどもありますが、今年は元旦から世界レベルのスペシャルなナポリピッツァとワインを楽しんでください。

お正月は初詣ついでに、ふわっサクッもちっの旨いナポリピッツァを食べに行きましょう♪
「Buon appetito !!(さあ、召しあがれ!)」

Pizzeria Positano
ピッツェリア・ポジターノ

千葉県成田市花崎町533
0476-24-1727

絶品ナポリピッツァの情報が満載! Jaffaさんの連載はこちら

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
Jaffa
Jaffa

ブログ「旨いナポリピッツァ」主宰で、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」のナポリピッツァ担当として活躍中。これまでに3500枚を越えるナポリピッツァを食べ歩き、知識と経験だけではない交友関係の広さから、TV、ラジオ、雑誌等でナポリピッツァの企画や解説、百貨店催事やグルメイベントのプロデュース、ピッツァ職人コンテストの審査員やステージ解説、レストランのメニュー開発など、ナポリピッツァに関わることを総合的に企画。ピッツァの本国ナポリにある「真のナポリピッツァ協会ナポリ本部」から、日本人では唯一の公式ブロガーとして認定されています。Instagramでは、ナポリピッツァの画像を中心に情報発信をしています。 「blog」https://ameblo.jp/pizzanapoletana 「Instagram」https://www.instagram.com/jaffapizza/

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa