INTERVIEW
FOOD 08 Jul 2019

ロンドンで話題の「メルカート メトロポリターノ」 イタリア人創業者アンドレア・ラスカがエシカル消費を語る

SHARE

工場の跡地に誕生したフードコート式都市型マーケット

工場跡地の面影を屋根などに残す店内

MM内ではドイツ式クラフトビールを醸造する

セミナーにてスピーチするアンドレア・ラスカ。右はファシリテーターとして登壇した東邦レオ代表取締役社長吉川稔氏
MMは食の革命を起こそうとしています。長らく食に携わってきた創業者のアンドレア・ラスカは、これは私の人生の集大成。MMによって世界中の社会を変えたい、ともいいます。イタリア出身で東京にも居住していたアンドレア・ラスカが来日し、東京都千代田区の九段ハウスで「エシカル型マーケットがもたらす新しいエリアブランディングの形」というセミナーでスピーチをしました。そのイベントの前に話を聞く時間をいただきました。

イタリア人は誰もがマンマの料理を愛しています

MMができるまでこの界隈を歩く人は皆無だったという
SHOP ITALIA なぜMMを始めようと思ったのですか?
アンドレア・ラスカ 1996年に奨学金で日本に留学できました。上智大学などで18ヶ月間学び、そこで私のパッションとビジネスが結びついたのです。その答えは食です。
SHOP ITALIA 食に関心を抱くようになったきっかけは?
アンドレア・ラスカ 私はイタリア人です。イタリア人なら誰もがマンマの料理を愛しています。子供のころ、マンマがキッチンで料理をしているのを眺めるのが好きでした。そのキッチンには大きなテーブルがあり、家族みんなでワイワイやりながらマンマの手作り料理を食べる時間は愛おしいものです。その原体験がMMに生かされています。お客さんは各ベンダーで買った料理を大きなテーブルで食べます。隣には知らない人がいるかもしれませんが、みな家族のように楽しい時間を過ごします。

食材も豊富に用意。生鮮食品は生産者から直接仕入れるという
SHOP ITALIA MMの目標は何ですか?
アンドレア・ラスカ 世界中のフードコンセプトを変える、ムーブメントです。1960年代に緑の革命というものがありました。これは高収量品種の導入や化学肥料の大量投入などにより穀物の生産性が向上し、穀物の大量増産を達成したこととされていますが、それにより地域の文化や作り手の価値が消えてしまいました。私はそれ以前に戻したいのです。そこから新しいものを生み出したいのです。
SHOP ITALIA 具体的には?
アンドレア・ラスカ 1948年に国連で決議された世界人権宣言があります。その第25条には、「すべて人は、衣食住、医療及び必要な社会的施設等により、自己及び家族の健康及び福祉に十分な生活水準を保持する権利を有する」とあります。果たして、現代のスーパーマーケットは我々の健康及び福祉に十分でしょうか。食は人の権利なのです。
SHOP ITALIA 食の権利とはどのようなものですか?
アンドレア・ラスカ 栄養があり、地域の文化に適応し、誰もが調達できる身近なもの。大量生産、低価格のものではありません。それらはフェイクフードです。作り手の価値がわかる食こそリアルフード。それにより人と人はつながります。MMではそんな価値観を提案しています。

地産地消こそ解決策

子供たちに料理の楽しさを通して、食の大切さ、コミュニケーションの大切を教える
SHOP ITALIA 美味しいものを食べ、健康でいたいと誰もが願います。
アンドレア・ラスカ MMではこれまで1000人以上の子供たちに食育の場を提供してきました。中にはケチャップがトマトからできていることを知らない子がいたりします。また食の廃棄と、その一方で貧困からの栄養不足と肥満も問題。富裕層しか新鮮で栄養のあるリアルフードを食べられない現状もあります。人と人が今の食環境では孤立してしまうのです。それを変えたい。
SHOP ITALIA 解決策は?
アンドレア・ラスカ ローカルに焦点を当てます。地元産の天然成分の食べ物の提供による経済成長と環境保護を考えます。

MMでは料理教室をはじめ、ヨガや植物栽培の教室も開催される
SHOP ITALIA ロンドンを第一号店に選んだ理由は?
アンドレア・ラスカ 現在、ロンドンに1店舗のみですが、今年の10月に同じくロンドンに3店舗をオープンさせる予定です。なぜ、ロンドンなのかと言いますと、ここはニューヨークや東京と並ぶインターナショナルな都市です。競争はすごく激しいのですが、いろいろな価値観を受け入れてもくれます。ロンドンで成功できれば他の都市ではもっと楽に進めることができます。

この日のセミナーでは、アンドレア・ラスカの友人であり、麹町の老舗イタリアレストラン、エリオ・ロカンダ・イタリアーナがケータリングを担当
SHOP ITALIA 日本にMMができる日は近いですか?
アンドレア・ラスカ 東京は私にとって大切な場所です。ただし、オープンさせるためにベースをしっかり作らなければいけません。まずは私たちの考えに共感してくれる人が重要です。MMはビジネスではありません。ムーブメントなのです。しっかり時間をかけなければいけません。
SHOP ITALIA その日が来ることを首を長くして待っています。

Andrea Rasca(アンドレア・ラスカ)
MERCATO METROPOLITANO創業者兼CED(Chief Executive “Dreamer”)
イタリア・ミラノ出身。1996年に上智大学に留学し、ビジネス学を専攻。そこで自身が好きな食をビジネスにしようと思い立ち、最高品質のイタリア食材を扱う店舗を仲間と創業し、取締役として活躍。その後独立し、2016年にメルカート メトロポリターノをスタートさせ現在に至る。
公式ホームページ:https://www.mercatometropolitano.com/

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
イタリア人の愛する、「金の青」と呼ばれた色の秘密~ホソバタイセイの物語~
イタリア最大級!ボローニャアートフェアで現代アートに触れる
ミケランジェロの最高傑作に隠されたストーリー〜イタリア・ローマの小国バチカン市国・バチカン美術館を訪ねて

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
荻山尚
荻山尚

SHOP ITALIA編集長。ENGINEやCAR MAGAZINEなどの自動車雑誌編集者を経て、LEON副編集長、SENSE編集長を務めるなどファッションへの造詣も深い1972年生まれ。ピッティ・ウォモやミラノのコレクション、国際試乗会などイタリア取材の経験も豊富。

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine