FOOD 30 Jul 2019

【ワインプレゼント】華麗なる晩餐! ラツィオを代表するワイナリーMARCO CARPINETIメーカーズディナー

SHARE

MARCO CARPINETIの魅力とは?

さる7月18日に白金のトラットリア・ダル・ビルバンテ・ジョコンドでラツィオ州MARCO CARPINETIの二代目当主PAOLO CARPINETIを迎えてメーカーズディナーが開催されました。MARCO CARPINETIはローマから南東50kmにあるCORIに位置するビオロジコ、ビオディナミコのワイナリーです。
「Andiamo avanti guardando al passato」つまり「温故知新」をモットーに、馬による耕作、アンフォラによる発酵・熟成、土着品種ベローネやネロ ブォーノの栽培等伝統的なワイン造りへの原点回帰とチャレンジにより、イタリア国内外から高い評価を得ています。日本では有限会社アビコにより2016年から輸入されています。

イタリア郷土料理とワインの素晴らしい競演

メーカーズディナーの特別メニューは以下の通りです。
ANTIPASTO MISTO DI MONTAGNA  (山の山菜を色々と)
FETTUCCINE AI FUNGHI GALLETTI (フェトゥッチーネ フレッシュジロール茸)
CELLITTI CON PANCETTA E RADICCHIO (チェッリティ パンチェッタとトレビス)
AGNELLO ALLA CACCIATORA (アイスランド産仔羊 カッチャトーラ)
DOLCI SECCHI DI CORI (コーリの焼き菓子)

ワインリストは以下、左から。
KIUS BRUT METODO CLASSICO (ベローネ100%)
CERVINARA LAZIO BIANCO (ベローネ、グレコ モロ)
CAPOLEMOLE LAZIO BIANCO (ベローネ100%)
NZU (ベローネ100%)
TUFALICCIO LAZIO ROSSO (モンテプルチアーノ、チェザネーゼ)
CAPOLEMOLE LAZIO ROSSO (ネロ ブォーノ、モンテプルチアーノ、チェザネーゼ)

まずはスプマンテKIUSで乾杯!

PAOLO CARPINETIはMARCOCARPINETIの若き2代目当主です。幼いころから父MARCOの背中を追いかけワイン造りを志し、ローマの大学卒業後海外での経験を経て現在は父のワイナリー経営を支えています。PAOLOが冒頭で挨拶しKIUSで乾杯して宴は始まりました。KIUSは土着品種ベローネによるメトドクラシコ方式(24ヶ月瓶内二次発酵)のスプマンテです。

土着品種ベローネは芳醇な香りとアーモンドの後味が特徴ですが、このベローネの特性を活かしつつ、溌剌とした泡とイーストの香りが残るフレッシュな酸味がKIUSの魅力です。PAOLOによると、先入観にとらわれず、飲む人の自由な感覚で愉しんでほしいのでKIUSという名前は、あえて既存の言葉ではなくどこにもない新しい言葉を選んだそうです。

続いてのフェトゥッチーネはフレッシュジロール茸の苦味とCAPOLEMOLE LAZIO BIANCO(ベローネ100%)の引き締まる後味と相まって絶妙な組み合わせでした。

サプライズのアンフォラワインも登場

そして次にPAOLOがおもむろに手にしたのは小さなアンフォラと今日のサプライズワインその名もNZU。
NZUとはCORIの方言で「一緒に」という意味があります。
古代ローマでワイン造りに使用されたアンフォラ(テラコッタの素焼きの壺)を用いて醗酵と熟成をしているというまさにMARCOCARPINETIのモットーである温故知新を反映した特別なワインなのです。

小さなアンフォラでPAOLOが各テーブルにサービスをして回ると歓声が上がりました。それは、造り手と飲む人が一体となりNZUの名前の通り皆が「一緒に」ワインを愉しんだ素晴らしい時間でした。
同じ品種ベローネでありながらスプマンテからスティルワインさらにはアンフォラによるワインまで華麗な変貌をとげる様はワイン通のお客様をもうならせるほどでした。

もう一つの主役、土着品種ネロ ブォーノに酔いしれる

メインの仔羊のカッチャトーラに合わせて、CAPOLEMOLE LAZIO ROSSOが登場しました。
土着品種赤ブドウのネロ ブォーノ、モンテプルチアーノ、チェザネーゼを12ヶ月樽熟成させたワインは黒い果実の凝縮した香りとシルキーなタンニンと苦みのある余韻が特徴です。
最後にPAOLOが持参した日本未輸入のグラッパがふるまわれ、CORIの焼き菓子を浸していただきました。

ベローネとネロ ブォーノというイタリアワイン通の方でも耳慣れない品種ですが、参加者の皆さんはCORIの街のトラットリアさながらの郷土料理とワインの組み合わせにとても満足していました。商品としてのワインだけでなくその愉しみ方やムードも日本に届けたいというPAOLOの長年の願いが叶った素晴らしい一夜でした。

PAOLOさんからワインのプレゼント!

今回、初来日したPAOLOさんからMARCO CARPINETIのワインを読者の皆様へプレゼントしていただきました。CERVINARAの赤と白ワインを各3本をご用意。赤・白2本を1セットにして、計3名様にプレゼントいたします。ご応募お待ちしております。

Twitter

SHOP ITALIA のTwitterアカウントをフォローして、
キャンペーンのつぶやきをリツイートするだけで応募完了
キャンペーン応募期間:2019年7月30日~8月6日(23:59まで)
MARCOCARPINETIワイン・プレゼントキャンペーンのつぶやきはこちらをクリック

当選者発表・発送

当選者には8月7日以降、Twitterのダイレクトメッセージにてご連絡いたします。(返信期限がございますので、ご注意ください)
個人情報の取り扱いについてはこちら

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
ビオロジックにより作られる土着種ワイン「マルコ・カルピネーティ」のメーカーズディナーが7月18日に開催!

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
MINA
MINA

外資系金融に長年勤務するも、イタリアワインが好き過ぎて2017年よりイタリアに渡航し、ローマ近郊のワイナリーMARCOCARPINETI にてブランドアンバサダーとしてPRや翻訳を担当しワインの研鑽を積む。帰国後、ビオワインのインポーターLIBER株式会社のPR、営業を始める。滞在中にイタリア中を旅して出会ったイタリアのワイン、人、文化の魅力を伝えます。

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine