サルデーニャ ニョッキ
FOOD 18 Jul 2018

サルデーニャで8月1日は手打ちパスタ「マッロレッドゥス」の日【サルデーニャの食卓から】 | キュゾーニ

SHARE

チーズおろし器で模様をつける「マッロレッドゥス」

「マッロレッドゥス(Malloreddus)」は、サルデーニャ島の名物パスタです。見た目はニョッキに似ています。島の北から南まで、どの地域でもよく作られていて、生地にはもちろんセモリナ粉100%を使います。

とても面白いことに、地域によって名前と大きさ、模様などが変わります。全体的にはMalloreddusかMacarronesと呼ばれることが多いのですが、サッサリ周辺ではCigioniまたCicioniに変わり、島の南側にあるカリアリでは、CiccioneddosまたはCassulliと呼ばれています。

今回は島の北東にあるガッルーラ地域の「キュゾーニ(Chjusoni)」をご紹介します。生地から少しずつ取って、チーズおろしの裏側に押し付けて模様をつけます。

昔からサルデーニャでは、8月1日に、このパスタを食べる習慣があります。暑い時期でも作りやすいパスタだからだと思いますが、どの家庭でも8月1日にはこのパスタを作るので面白いですね。

トマトソースで和えることが多いのですが、バリエーションはいろいろ。今回は、自家製ソーセージとサフラン風味のソースで和えてみました。

【レシピ】材料4人分

セモリナ粉 300g
ぬるま湯  適量(150mlくらい)
塩  ひとつまみ

◆ソーセージ
ひき肉(豚) 200g
にんにく(みじん切り) 1片
塩 小さじ1/2
白ワイン 大さじ1
ミントとイタリアンパセリ(みじん切り) 適量
スパイスのミックス(シナモン、コリアンダー、クローブ、スターアニス) 2g

◆ソース
自家製ソーセージ
エキストラバージンオリーブオイル 15g
サフラン ひとつまみ
白ワイン 150ml
生クリーム 50ml
ローズマリー 少々

italia

①ソーセージ用の材料をボウルに入れて、よく混ぜます。
太さ4cmの棒にして、サランラップを巻いてから、3ヵ所をねじります。
冷蔵庫で一晩ねかします。

italia

②大きいボウルにセモリナ粉を入れて、お塩をかけます。
少しずつぬるま湯を加え、様子を見ながらこねます(セモリナ粉の品質によって、ぬるま湯の量は加減してください)。
生地がまとまったら、板にのせて、さらに5〜7分、しっかりこねます。
ジップロックに入れて、30分ねかせます。

italia

③キュゾーニを作ります。
生地から少量をつまんで取り、丸めてからチーズおろしの裏側に押し付けて形を整えます。
清潔な布の上に並べて、少し乾かします。

italia

④ソーセージをちぎって、オリーブオイルとフライパンに入れ、火にかけます。
火が通ったらワインを入れ、アルコールを飛ばします。サフランを加え、最後に生クリームを入れて混ぜます。
キュゾーニを約4〜5分、アルデンテに茹でます。ソースに絡ませて、必要ならゆで汁を少し加えます。
ローズマリーをかけて、お皿に盛ります。
お好みで、軽く焼いたパーネ・カラザウ(サルデーニャの薄いパン)を飾ります。

WRITER PROFILE
クラウディア・カズ Claudia Casu
クラウディア・カズ Claudia Casu

イタリア・サルデーニャ島出身。ローマ、ロンドン、東京などでグラフィックデザイナーとして約20年働く。2012年よりパスタ・デザイナーとしての活動をスタートし、「Sardegna Cooking Studio」料理教室を主宰(一般クラスとプロ向けのプライベートクラスあり)。季節に合わせた新鮮な食材を選び、芸術的な形の本格手打ちパスタや伝統的なサルデーニャ料理を日本に広めている。 www.facebook.com/SardegnaCookingStudio/

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa