パッソ・ア・パッソ, イタリアン, ジビエ, KYAH
COLUMN
FOOD 12 Nov 2018

イタリアンでもジビエを堪能しよう「パッソ・ア・パッソ」【kyahのイタリアンガイド】 | パッパルデッレ

kyah
SHARE

シェフの有馬さんがイタリアの21番めの州を日本に出現させたという噂は伊達じゃありません、門前仲町の「パッソ・ア・パッソ」。

ジビエというとフレンチの印象が強いですが、シェフの手かかればこんなにもイタリアンでジビエが愉しめてしまうんです。

普通ならセコンドでもここまで出てきませんよ。鹿、穴熊、真鴨、雉、猪、熊と実に鮮やかなシャルキュトリー。

italia

プリモも凄かった…、山鳥の焼きリゾット。これにとら河豚の白子を合わせ、月の輪熊のラルドを加えた濃厚さの中に品がある逸品。この組み合わせって余韻がベタッとしそうじゃない? ところがむしろアフターに品があるんです。

italia

パッパルデッレで使っていた肉にも驚きました。なんとハクビシンのラグー!!

italia

力強さとエレガントさと、優しさと和のエッセンツァ。そんな有馬シェフの料理と抜群のアッビナメントを繰り出す極上のイタリアンワイン。

これは初体験から燃えちゃいますよ。

【「kyahのイタリアンガイド」シリーズ一覧はこちら】

Passo a Passo

(パッソ・ア・パッソ )
東京都江東区深川2-6-1 アワーズビル1F

TEL. 03-5245-8645

初出:この記事は2018年2月3日、公開されました@AGARU ITALIA

WRITER PROFILE
kyah
kyah

大人のための旅と食情報を発信する人気ブログ「漢(オトコ)の粋」を2004年から運営。中でも、イタリアンをテーマにした記事は最多の466本を数える(2018年7月現在)。雑誌やテレビなど各種メディアへの寄稿・出演をはじめ、15年以上にわたり読者モデルとしても活動するなど、マルチな才能を発揮しながら幅広いジャンルで活躍中。 「漢(オトコ)の粋」http://kyah.blog.jp/

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa