コーヒーカップ, カフェ, イタリア
FOOD 29 Nov 2018

イタリアのコーヒーはなぜワンサイズ?|阿部バリスタのコーヒータイムズ

阿部 圭介 Keisuke Abe
SHARE

突然ですが、コーヒーカップの大きさについて考えたことはありますか?

みなさんが日ごろ利用しているコーヒーショップでは、基本的にテイクアウトができ、サイズのバリエーションも2〜3種類の中から選択できると思います。サイズの呼び名はさまざまで、標準サイズ(レギュラー、M、スタンダード)、小サイズ(スモール、S、ピッコロ)、大サイズ(ラージ、L、グランデ)と、多くの人が理解でき、あるいは無意識のうちに言葉にしているかもしれません。これは日本ではごく当たり前の事なのですが、イタリアへ行くと驚きの事実が・・・。

なんと、イタリアにはコーヒーのサイズのバリエーションが無いのです! イタリアではコーヒーをテイクアウトをする習慣も、バールに長時間居ることもないので、必然的にある程度の大きさでないと熱くてすぐにその場で飲みきれないという問題が出て来ることが理由の一つだと考えられます。

また、作り手側の技術的な問題もあります。イタリアでは基本的に、焙煎の度合いがシングルのエスプレッソとして美味しく飲める加減になっているため、それに対してあとどのくらいのミルクが加えられるか考えると、おおよそ150〜180mlのカップに自然と決まってくるのです。

と、美味しい分量が決まっているのがイタリアのスタイル。こだわりが強いですよね? とはいっても、ここは日本。私の店舗〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉では、サイズのバリエーションもご用意しております。もちろん、テイクアウトもOKです!

【「阿部バリスタのコーヒータイムズ」シリーズ一覧はこちら】

【初出:この記事は2018年3月5日、初公開されました@AGARU ITALIA】

WRITER PROFILE
阿部 圭介 Keisuke Abe
阿部 圭介 Keisuke Abe

2000年にバリスタの魅力を知り、イタリア系カフェやレストランで修業を積んだ後、2014年、広尾に〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉をオープン。ピエトレ・プレツィオーゼ http://www.pietrepreziose.jp/

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa