エスプレッソ バリスタ
FOOD 30 Jul 2018

エスプレッソという呼び名の秘密|阿部バリスタのコーヒータイムズ | イタリア カフェ

SHARE

エスプレッソはイタリアで誕生したコーヒーであり、現在では世界中どこの国でも飲むことができる、インターナショナルなコーヒーのひとつ。1906年にミラノ万国博覧会が開催された際にお披露目となったコーヒーなのですが、当時からエスプレッソとよばれていたわけではなく、その特徴を表すものとして後に名づけられたようです。

エスプレッソといえば、まず「できあがる時間が非常に速い」という特徴があります。それは抽出方法が他のコーヒーと異なるためです。

例えばドリップコーヒーの抽出方法は「ろ過抽出」。フィルターに詰めたコーヒーパウダーに適温のお湯をゆっくりとかけ、蒸らしながら時間をかけて抽出していきます。

Italy

一方、エスプレッソの場合は「圧力抽出」。フレッシュフルーツジュースを作るのと同じで、スクイーザーでレモンを絞る感覚と似ています。最大の利点は「すばやく淹れたてのコーヒーが提供できること」「量が25cc前後で美味しいうちに早く飲み終えられること」。そのことから、イタリア語でエスプレッソ(ESPRESSO)=「急行列車、速い」と名づけられたのでしょう。英語だとエクスプレス(EXPRESS)ですね。

また、エスプレッソ(ESPRESSO)の活用形でエスプレッサメンテ(ESPRESSAMENTE)という言葉もあり、「特別に、あなたのために」などの意味を持ちます。皆さんも「私のために・・・」エスプレッソを淹れてくれるお店を探してみてはいかがでしょうか?

【「阿部バリスタのコーヒータイムズ」シリーズ一覧はこちら】

【初出:この記事は2017年10月9日、初公開されました@AGARU ITALIA】

WRITER PROFILE
阿部 圭介 Keisuke Abe
阿部 圭介 Keisuke Abe

2000年にバリスタの魅力を知り、イタリア系カフェやレストランで修業を積んだ後、2014年、広尾に〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉をオープン。ピエトレ・プレツィオーゼ http://www.pietrepreziose.jp/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine