COLUMN
FOOD 05 Aug 2019

イタリアで美味しい果物を食べてみた

SHARE

果物は好きですか?

イタリアで生活するようになってから、日本にいる時よりも、ずっと気楽にたくさん食べるようになりました。というのも、イタリアは果物が安いのです。

なので、間食が果物というのが当たり前になりました。子供が学校に持っていくおやつも果物。タッパーに桃1つとか杏2つとか入れて、学校に持っていくのです。

いつも買う市場の店では、キロ単位で枇杷(びわ)やさくらんぼを買っています。日本であまり果物を買うことがなかったので新鮮です。

特にサクランボは常にキロで買って、春から夏にかけては常備しています。日本のサクランボよりはアメリカンチェリーのような感じです。あと、杏とネクタリンも。

イタリアの果物の食べ方。

もちろんそのまま食べるのが美味しいのですが、マチェドニアも人気です。

作り方は簡単。

果物を食べやすい大きさに切って、レモンを絞り、砂糖を振って混ぜるだけ。果物はキウイ・さくらんぼ・メロン・バナナと何でもOKです。レモンをオレンジに、砂糖を蜂蜜にしても美味しいですよ。

果物からの水分が出るので、冷やして食べたりアイスやヨーグルトにかけても美味しいです。

そして、果物なのか野菜なのかのミニトマト。

夏になるとたくさんの種類が店頭に並びます。その中でもPachino(パキーノ)やちょっと細長いPiccadilly(ピカデリー)は完全におやつです。洗っておくと、ついつい食べてしまいます。

果物は1個からでも買えるので、イタリア旅行の際はぜひ挑戦を!

ワダシノブさんの記事はコチラ

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
ワダシノブ
ワダシノブ

イラストレーター/マンガ家/gifアニメーター 🇮🇹在住、夏は🇯🇵 毎日 絵を描いています。ピザもご飯も好き。 ほぼ日刊note https://note.mu/shinobuwada コルクbooksでマンガ修行 https://corkbooks.com/users/?

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine