FEATURE
FOOD 07 Feb 2019

バレンタインデーにおすすめ! イタリア各地を代表するイタリアンチョコレートブランド5選 | Venchi, TORTA PISTOCCHI, Bodrato, BABBI, Baci

奥田マリア
SHARE

イタリア発・愛に溢れる日バレンタインデーを彩るチョコレート

イタリアはバレンタインデー(San Valentino・サン・バレンティーノ)発祥の地。
イタリアでは恋人同士や夫婦で愛をお祝いする日です。
女性から男性にチョコを贈る習慣はありませんが、男性が女性に花を贈り、食事を楽しむ光景が繰り広げられます。

今回は、バレンタインが生まれたイタリアから、おすすめチョコレートを厳選いたしました。
最近では日本でも購入できるようにもなったイタリアのチョコレートブランドをご紹介いたします。

バレンタイン直前のイタリア各地からお届け! イタリアンチョコレート

1,Firenze(Toscana) TORTA PISTOCCHI(トルタ ピストッキ)
2,Torino(Piemonte) Venchi(ヴェンチ)
3,Alessandria(Piemonte) Bodrato(ボドラート)
4,Bertino(Emilia-Romana) BABBI(バッビ)
5,Pergia(Umbria) Baci(バチ)

1,フィレンツェ発 TORTA PISTOCCHI(トルタ ピストッキ)

TORTA PISTOCCHIは、1990年にフィレンツェで創立された家族経営のチョコレート工房です。
濃厚で滑らかなチョコレートトルタが話題を呼んだ、老舗のチョコレートとしてイタリアで愛されています。
研究を重ねることでより美味しく、チョコレートの種類も豊富になりました。
現在はトルタの他、厳選した食材を使ったチョコレートが作られています。
何度もインターナショナルチョコレートアワードで受賞をした実力あるチョコレートが数多く並びます。

TORTA PISTOCCHI TORTA PISTOCCHI | Via del Ponte di Mezzo, 2050127 Firenze

特におすすめのものはというと、シチリア産のピスタチオを使用し、粉末にしたオレンジの皮と塩をかけて、ホワイトチョコレートでコーティングした、一口サイズのチョコレートです。
口に入れるとホワイトチョコの甘みと上質なピスタチオ、そして、オレンジピールと塩気が口いっぱいに広がります。
今まで食したことのない絶妙な味わいのチョコレートをご堪能いただけますよ。

2,1878年創業のトリノの老舗 Venchi(ヴェンチ)

2018年、創業140年を迎えたVenchiはイタリアピエモンテ州で生まれ育ったSilvano Venchiが創立しました。
イタリアでは定番の「ジャンドゥーヤチョコレート」(焙煎したナッツ類のペーストと、チョコレートを混ぜたもの)の発祥の地であり、数え切れないほどの高級ショコラティエの本拠地であるトリノで育つ幸運を得たシルバーノ・ヴェンキ。
シルバーノ・ヴェンキは16歳から製菓工場で働き始めてキャリアを積み、1878年に念願だった自分のチョコレートショップをオープンしました。
シルバーノ・ヴェンキのチョコレートへの想いは、今でもブランド精神に宿っており、
味わいの深さ、種類の豊富さが世界中の人の心を捕らえました。
シルバーノ・ヴェンキのチョコレートは今日に到るまで愛され続け、イタリアの街角では観光客や地元の人達がVenchiのチョコやジェラートを楽しんでいます。

3,温かく丁寧な手作りチョコレートBodrato(ボドラート)

Bodrato Pegna | San Giusto Srl, Via dello Studio 8, 50122 Firenze

Bodratoは、1943年イタリア・ピエモンテ州にて創業された菓子工房です。
ボドラートのチョコレートの代表作といえば、チェリーボンボン、ボエロです。
サクランボは1粒ずつ綺麗に果柄を取り除いてからピエモンテの土着品種ドルチェットの葡萄の搾りかすで仕込んだ風味の良い上質のグラッパに漬け込みゆっくりと果肉の中にグラッパを吸い込ませる工程経て商品が完成します。
丁寧に時間かけて作られた温かみが感じられる独特のチョコレートです。

4,誰もが愛するどこか懐かしい味BABBI(バッビ)

BABBI Procacci | Via Tornabuoni, 64/r 50123 Firenze

BABBIは、イタリア・エミーリャロマーニャでいまから約60年前にジェラート向けのコーン工場として創業されました。創業当時からの技術が凝縮され、その原点となっているのが多くの人に愛されている「ウエハース」です。
どこか懐かしくもある「ウエハース」に上質なチョコでコーティングされたチョコレートは誰もに愛される商品です。

5,愛に溢れるBaci(バチ)

Baci Pegna | San Giusto Srl, Via dello Studio 8, 50122 Firenze

Pergina社のBaciチョコレートは、Luisa Spagnoliという女性が第一次、第二次世界大戦を経験し、贅沢とされていたチョコレートを一粒のヘーゼルナッツにコーティングし、コストと材料を節約したことから生まれた商品です。そして、その後、彼女が恋人にいつも愛の言葉を贈っていたことから、銀色の包み紙を開くと丸くて愛らしいフォルムのチョコレートと、甘い愛の言葉の書かれた小さなメモが入れられるようになりました。愛の言葉はイタリア語と英語で書かれており、イタリアではチョコを口に含みながらメッセージを真剣に読んでいる光景が見られます。素敵な物語が詰まったチョコレートです。

Baci  https://www.baciperugina.com

イタリアンチョコレートで最高のバレンタインデーを!

Tantissimi auguri di un felice San Valentino!
皆さんのバレンタインデーが、幸せと愛に溢れた一日となることを心からお祈りしています!

WRITER PROFILE
奥田マリア
奥田マリア

イタリア在住。カンパーニャ州出身の夫・義両親と共に暮らし、イタリア人家族の日常生活やイタリア文化に関する記事を執筆する他、日本文化についてイタリア人に情報発信している。

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa