FOOD 25 Mar 2019

食べたことがないチーズに出会える「イタリアチーズ通信講座 〜36種を食して巡るフォルマッジョの旅〜」

SHARE

イタリアチーズは「パルミジャーノ・レッジャーノ」、「モッツァレッラ」、「ゴルゴンゾーラ」と有名なチーズは広く知られていますが、その他は全くと言っていいほど知られていません。
約5000年の歴史があるといわれているイタリアチーズを、その土地ごとの固有品種が楽しいワインと同様、各地の郷土を色濃く表すチーズをもっと楽しんでもらいたい、知ってもらいたいという思いから、「イタリアチーズ通信講座 〜36種を食して巡るフォルマッジョの旅〜」が開講されます。
これまで日本国内に流通していなかった、日本未入荷を含む36種の個性溢れるイタリア産チーズを、自宅で愉しみながら学ぶことができます。

毎月3種のイタリア産チーズとチーズプロフェッショナル監修のテキストをお届け

本講座は、毎月3種のイタリア産チーズとテキストを1年間に渡りお届けする通信講座(※1)となっております。

付属するテキストは、世界的なチーズ団体Guilde Clubから「コンパニョン・ド・サントュギュゾン」を受勲したチーズプロフェッショナル、佐野 嘉彦氏(※2)が監修、またお届けするチーズはカ・フォルム・ジャパン社(※3)の協力を得て、イタリアより直輸入しております。

日本未入荷を含む全36種!イタリア最高峰のチーズを味わう

お届けするチーズは、これまでプロの飲食関係者のみの販売だったため、一般の市場では全く流通されていなかった希少なものばかりです。イタリアの人々にとって当たり前の日常なのに日本では知られることがなかった、イタリアならではのバラエティ豊かで郷土色の濃いチーズを始め、この講座のためだけに特別にカ・フォルム・ジャパン社が輸入する日本未入荷チーズをお楽しみいただけます。

またテキストでは、イタリアのチーズが生産される町や村、酪農家、生産者たちのありのままの日常や、お届けするチーズの魅力、ストーリーを豊富な写真やイラストを使用してご紹介します。
お届けする全てのチーズのテイスティング・ノートとレシピが付属していますので、食べてすぐに知識を深め、活用することができます。

italy

サービス概要
「イタリアチーズ通信講座~36種を食して巡るフォルマッジョの旅~」
詳細、申込みURL:http://bit.ly/prtimescheese
申込み受付:2019年3月19日(火)より
申込み締切日:5月12日(日) ※締切日前に定員になった場合は、その時点で募集終了となります。
販売数:100セット
価格:毎月10,584円※送料無料
お届け内容:毎月3種のチーズ、テキスト(約24ページ)※初回に別冊ガイドと専用バインダーを同梱
お届け日:毎月4週目の土曜日午前 ※初回のお届けは5月予定
特典:ナイフ3種、カッティングボード

italy

チーズ専用ナイフ3種とカッティングボードが特典

初回に、専用ナイフ3種とカッティングボードが届くので、タイプ別に合わせたカット、保存、保管方法など、チーズの個性を最大限に引き出せる最適な方法を学ぶことができます。一手間、二手間かけることにより、最高のチーズを味わうことができます。(カッティングボードは、実際にお届けするものと異なる場合があります。)

italy

イタリアチーズを美味しく楽しく学ぶだけでなく、これまで食べたことのない最高峰のチーズと出会うことができる講座です。

(※1)通信講座について
本講座は、資格などを取得できるプログラムではありません。

(※2)佐野 嘉彦氏
世界的なチーズ団体Guilde Clubから「コンパニョン・ド・サントュギュゾン」を受勲したチーズプロフェッショナル、佐野 嘉彦が企画・監修。コミュニケーションデザイナーとして、食全般の編集企画・執筆などを行う。著書『ツウになる!チーズの教本』(秀和システム)

(※3) カ・フォルム・ジャパン社
1887年よりチーズを製造するカ・フォルム社の日本支社。高級店のシェフやソムリエといったプロの飲食関係者から絶大な信頼を得るチーズ輸入会社。

WRITER PROFILE
shopitalia-editor
shopitalia-editor

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!