COLUMN
FOOD 19 Nov 2018

イタリア白ワインと餃子の意外なマリアージュ 〜グレコ・ディ・トゥーフォ DOCGとは【わたし、イタリアワインと結婚します④】

山﨑亮 Ryo Yamazaki
SHARE

南北に長く、多種多様なぶどう品種が栽培されるイタリアのワインは、実に個性豊か。一見ワインと合わないのでは?と思う食材にも見事なマリアージュを叶えるのです。凄腕の仲人ソムリエが、素敵な結婚をサポートいたします。

本日のご結婚:餃子♡カンパーニャのグレコ

「餃子と白ワインは相性がいいらしい」巷でそんな噂がささやかれているのをご存じですか?にわかには信じがたい。パートナーはビールに決めている。という餃子さん、お気持ちはわかりますが、ぜひご紹介したい方がいるのです。

それは、カンパーニャ州出身のグレコ・ディ・トゥーフォ DOCGさん。古代ギリシャ由来のぶどう品種であるグレコ種100%で造られる、南イタリアを表的する白ワインのひとつです。

南イタリアの郷土料理の特徴は、ガーリックやスパイス、香味野菜などを多く使うこと。それはまさに、餃子さんのことではないですか?グレコさんの持つ特徴的なミネラル感が、ニンニクやニラなどの香味と、お肉のジューシィな旨味とマッチするのです。

タレにラー油はおなじみですが、香ばしくソテーしたガーリックスライスを添えたり、細引きのペッパーを少々ふりかけると、さらに絆が深まりそう。食べ飽きず飲み飽きず、幸せのループが永遠に続きそうです。

本日の仲人ソムリエ

山﨑亮

italia

〈香籠 by PAOPAO〉和豚もちぶたスタミナギョーザ 97円(1個)

伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳

〈テッレドーラ〉グレコ・ディ・トゥーフォ DOCG 3,240円(白/750ml)

伊勢丹新宿店本館地下1階=グランド カーヴ

【これまでの連載はこちら】

初出:この記事は2018年2月9日、公開されました@AGARU ITALIA

WRITER PROFILE
山﨑亮 Ryo Yamazaki
山﨑亮 Ryo Yamazaki

(社)日本ソムリエ協会認定 ソムリエ 日本ドイツワイン協会連合会認定 ドイツワイン上級ケナー (株)センチュリートレーディングカンパニー 営業部所属 主任 ドイツワインやイタリアワインの輸入会社勤務を経て、三越伊勢丹グループのカンパニーソムリエに。主に伊勢丹新宿グランド カーヴを担当。いろいろなワインの個性、価値、美味しさを、楽しく丁寧にご紹介する、がモットー。

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa