FOOD 24 Mar 2020

本場イタリアで伝統的なトリュフとして大人気「春のトリュフ」を使用した贅沢食パン

SHARE

例年完売必至の極上春トリュフトースト

2017年より販売開始し、例年完売必至の贅沢食パンを知っていますか?春季だけ出荷できる特別なトリュフを使用した『春トリュフトースト~ビアンケットトリュフ~』 (1斤/¥1,500 ※税金別) が今年も登場。ホテルニューオータニ大阪内のペストリーショップ「パティスリーSATSUKI」にて1日5個限定(土・日・祝日は10個限定)で販売されています。

関西人の“粉もん愛”が生んだ、全国の“食パンブーム”

最近至る所で見かけるようになった贅沢食パンですが、大阪からブームが始まったことを知らない方も多いと思います。ブームの火付け役となったのが、大阪に総本店を構える高級「生」食パン専門店『乃が美』。焼かなくても食べられる「生」食パンが話題となりました。関西人の”粉もん愛”が引き金となり、近年では関西圏を中心に数多くの食パン専門店が出店されています。総務省統計局が実施した家計調査によると、パンの消費額の上位5位を関西の都道府県が占めるほど、パンは関西人に愛されています。

トリュフ尽くしの贅沢すぎるプレミアムトースト

スクランブルエッグの乗ったプレミアムトースト

香り・風味・食感すべてにこだわりぬいた究極の逸品、春トリュフトースト。通常の食パンを作る際に使用する卵や牛乳、バターなどは一切使用せず、強力粉・イースト・水・細かく刻んだ春トリュフ、そして、最高の味へと引き立てるトリュフバター・ピュアオリーブオイル・ショートニングのみで一層香り高く焼き上げます。
パン生地のつなぎ目となる卵や牛乳は使用せず、生地のパサつきを防ぐため、生地を練る作業を通常よりも念入りに行い、焼き上げには溶岩釜を使用し、遠赤外線でパンに熱を通すことで、もっちりとした食感を実現。
「封をあけた瞬間の香りを大切にしたい」という料理長のこだわりから、トリュフオイルをトースト全体に塗りこみ、しっとりとした味わいに仕上げました。
トースターでこんがり焼くだけで香り高い贅沢トーストをご堪能いただけますが、さらにトリュフと相性の良い半熟の目玉焼きやスクランブルエッグなどを乗せれば、よりいっそう香り高く満足感バツグンの逸品に仕上がります。

春だけに出荷される贅沢トリュフを使用

春トリュフの写真

「春トリュフトースト~ビアンケットトリュフ~」で使用されているのは、“春のトリュフ = ビアンケットトリュフ”。本場イタリアでは、伝統的なトリュフとして人気を博し、出荷時期が出荷時期が3月中旬~4月と限られている為、日本国内ではなかなか手にすることができない希少価値の高いトリュフです。最もおいしいこの時期に合わせて、香り、風味といった魅力を最大限に引き出したプレミアムトーストとなっています。

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、家で過ごす時間が増えている今。心もお腹も満たされる春トリュフトーストで、家でもとっておきの贅沢をお楽しみください。

ホテルニューオータニ大阪
パン&ケーキ「パティスリーSATSUKI」
『春トリュフトースト~ビアンケットトリュフ~』

【期間】 ~2020年4月中旬まで販売予定
【時間】 10:00~20:00
【料金】 ¥1,500 ※税金別
【販売個数】 1日5個限定(土・日・祝日は10個限定)
【場所】 ホテルニューオータニ大阪 パン&ケーキ「パティスリーSATSUKI」(1F)
大阪市中央区城見1-4-1
【ご予約・お問合せ】 Tel. 06-6949-3298(パティスリーSATSUKI直通)
ウェブサイト

メールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa