FEATURE
FOOD 30 Jan 2019

イタリアの日常生活と家族の歴史が刻まれたショコラティエ「Gertosio(ジェルトージオ)」

みり
SHARE

北イタリア、トリノの歴史あるショコラティエ、「ジェルトージオ」

アルプスがそびえるトリノ、そこは2006年冬季オリンピックがあったところです。
「イタリアで冬季オリンピック」と聞くと、太陽の光降り注ぐイタリアとは少しイメージが違いますが、
何を隠そう、そう、イタリアの北の方は結構寒いのです。
私はスイスから行ったのですが、スイスに近かったことを鮮明に覚えています。
今回は、そんな北イタリアで訪れたお店「Gertosio(ジェルトージオ)」をご紹介します。
ジェルトージオの看板商品は「トルタ サバウダ」。
サヴォイア王朝風ケーキという意味で、1881年の創業以来受け継がれているそうです。
なるほどさすがに、歴史のある街だと関心します。
このジェルトージオには「さすがイタリアのお店」という特徴があります。

Gertosio
店内にならぶジェルトージオのオリジナルチョコレート

さすがイタリア!昼間っからエスプレッソを楽しむお父さんたち

ジェルトージオのやや薄暗い石造りの店内にスタンドバーがあり、中に入るとちょっとヒヤッとする石の感じがします。

italia

お店ですることといえばもちろん、みなさん昼間からエスプレッソを飲んでいます。
しかもみんな立派なお父さん風で、会社は? 仕事は? と思わず聞きたくなります。
そこではみんな恰幅のいいオーナーのマッシモ ジェルトージオさんと話し込んでいました。
店内にはチョコレートやプチガトーがいっぱい並んでいて、思わず目移りしてしまいます。
日本人サイズの小ささで、それはそれはテンションが上がります。

italia

italia
チョコレート以外にも、豊富なプチガトーの数々も

ちょっとずつ食べたい私たちにはぴったりで、
それを1個買っては一杯エスプレッソを飲むのです。

しかし、何をそんなに話があるのか? しかも、おじさまが。
ショコラティエでチョコを食べながら、何時間も時は流れているのです。
日本人からしたら面白い風景です。

絶品のチョコレートアイスもイタリアらしさ満載

トリノの地元の人に聞いたところによると、ジェルトージオはチョコレートアイスも有名なのですって。
「ああ、あのアイスがおいしい!」とみんな言っていました。
ここトリノでは、アイスは「え? 溶けてるのでは?」と、思うくらい溶かした状態がおいしいと言います。
あくまでもアイスのクリームですから、意味は合ってるんですが、あまりにも「クリーム」の方に近いのでちょっとびっくりです。

イタリアチョコの伝統の味「ヘーゼルナッツ」

イタリアのチョコは大体ヘーゼルナッツが30%入っています。このジェルトージオもどのチョコを食べてもほとんどあのヘーゼルナッツの味がします。「ほとんどあの味」と言い切ってしまいましたが、
本当にイタリアのチョコは同じ味がするのです。フランスのようにひと粒ひと粒センターがあって、コーティングがあって、というボンボンタイプではなく。
中も外もぜーんぶヘーゼルナッツ味です。
しかし、誤解があってはいけないのですが、イタリアのチョコは確かに種類は少なくシンプルなんですが、職人魂は感動的です。
(関連記事:イタリア代表チョコ「カファレル」のチョコレート工場〜カファレルが生み出したイタリアの定番チョコレートとは?

italia

家族の暖かさがある素敵な場所

そして、彼らは家族経営を大事にしています。「うちはファミリービジネスだから」というセリフを耳にタコができるくらい聞きました。
そして、その言葉から家族の歴史を本当に大切にしていることが分かります。ジェルトージオも家族で毎日、家業をしている感じがとても素敵です。
いつもいつも同じ時間がここには流れています。でも、そこがいいのです。
トリノに行ったら必ず同じこの空気を吸いに行きたくなってしまう。
それこそが、最高の賞賛。
そのお店こそがトリノなのです。
ジェルトージオはまさにその最高の賞賛を受けるにふさわしいショコラティエです。

SHOP ITALIA バレンタインキャンペーン

バレンタインキャンペーン
バレンタイン発祥の国イタリアのチョコレートをもらおう!SHOP ITALIAバレンタインキャンペーンのご紹介

今年、SHOP ITALIAがスタートしてから初めてのバレンタインデーを迎えます。
その特別な日に、みなさまとバレンタインのお祝いをすべく、数ある素敵なイタリアンチョコレートの中から、SHOP ITALIA編集部が特別に厳選したイタリアのチョコレートを12名様にプレゼントするキャンペーンを実施いたします。

今年のバレンタインは、バレンタイン発祥の国イタリアのチョコレートでお祝いしましょう!

SHOP ITALIAバレンタインキャンペーン「Amore Amore Cioccolato」

キャンペーン期間:2019年1月28日〜2月15日(23:59まで)
応募方法はこちら

WRITER PROFILE
みり
みり

フェリシモのチョコレートバイヤー みりです。 早22年。日本初上陸やちょーうんちく系のチョコを捜し求め、世界中を飛び回っております。 ブログ  http://info.felissimo.co.jp/chocoblog/ ツィッター https://twitter.com/chocochoco_miri インスタグラム https://www.instagram.com/buyer_miri 著作は『世界の果てまでチョコレート』 フェリシモチョコレート専用サイト「幸福のチョコレート」 felissimo.co.jp/choco/

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa