COLUMN
FOOD 24 May 2018

ローマスタイルのカフェ「ア・レガ」。東京・白金台でイタリア本場の味を【もっとエスプレッソ!】| ピッツァ オリジナルジェラート

SHARE

ローマの味と雰囲気にひたれる

イタリア・エスプレッソ・デーにちなみ、バリスタ中川直也さんに「イタリア本場の味と雰囲気を楽しめるおススメのカフェ」を教えてもらいました。

関連記事:「バリスタ中川直也さんに聞く、エスプレッソの楽しみ方」

2つめは、東京・白金台「ア・レガ」。庭園美術館のちょうど向かい側にあり、2017年9月オープン。

「ア・レガは、ローマスタイルのお店。カフェとして、ジェラテリアとして、バールとして、1日中楽しめます」(中川直也さん談)

キンボ社の豆を使ったコクのあるカプチーノ

キンボ社の豆を使ったコクのあるカプチーノ。エスプレッソ(200円)もカプチーノ(500円)も、バンコ(カウンター)でのスタンディングだと100円引きになります。

支配人の古川裕士さん

支配人の古川裕士さん。古川さんはサッカーチーム・ASローマのファンなので、店内はASローマのチームカラーである赤と黄色がアクセントになっているそう。

ちなみに店名の「ア・レガ」は、ローマ独特の言葉で、英語の「guys」と同じような意味。「ねえ、みんな」「おい、野郎ども」というふうに、その場にいる仲間に呼びかけるときに使われます。

ローマ風ピッツァ

ローマ風ピッツァ。イタリアと日本の小麦粉を独自のブレンドで配合、しっかり発酵させたピッツァ生地は、厚みがあるのにサクッと軽い口当たり。具材もたっぷりでおいしい。

ここでしか食べられないオリジナル・ジェラートの宝庫。右のカップは、ローマ名物アマレーナ(ブラックチェリー)のタルト風味「古ローマ」と、エクアドル産アリバナショナル種のチョコレート。左のカップは、福岡産あまおうと、静岡産有機緑茶ミルク

ここでしか食べられないオリジナル・ジェラートの宝庫。右のカップは、ローマ名物アマレーナ(ブラックチェリー)のタルト風味「古ローマ」と、エクアドル産アリバナショナル種のチョコレート。左のカップは、福岡産あまおうと、静岡産有機緑茶ミルク。絶品です。

ア・レガの名物は、ローマスタイルの切り売りピッツァ「ピッツァ・アルターリオ」。食事にもよし、夕方のアペリティーボにもよし。具だくさんのピッツァをつまみに、クラフトビールを飲みながら、店内に流れるサッカー中継を楽しめばここはもうローマのバール。

ちなみに、すぐ近くにあるトラットリア「ダル・ビルバンテ・ジョコンド」は姉妹店で、こちらもローマの下町伝統料理が大人気です。

イタリアのクラフトビールの品揃えも豊富

イタリアのクラフトビールの品揃えも豊富。

人目を引くピンクの外観

人目を引くピンクの外観が目印です。

SHOP DATA
●ア・レガ A Rega
●東京都港区白金台3-18-5
●TEL:03-6450-3499
●営業時間:10:00~21:00
●定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休)
●FACEBOOK  https://www.facebook.com/aregapizza/
WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

ふわふわオムライスが看板メニューのカフェ&デリ「オッキアーリ」|愛車と楽しむおすすめカフェ巡り(岐阜)

SCORPION MAGAZINE
PR

イタリア流エスプレッソの楽しみ方

fiat magazine CIAO!
PR

イタリアのライフスタイルそのものを伝えたい。老舗チョコレート店「ヴェンキ」の挑戦

Mondo Alfa
PR

本場イタリアも驚く、絶品ナポリピッツァ 東京の名店

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人料理家直伝! 手軽で本格的なボロネーゼを作っチャオ

fiat magazine CIAO!
PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!