FOOD 20 Aug 2018

エスプレッソのドッピオとダブル。イタリアでは注文に気をつけて!|阿部バリスタのコーヒータイムズ

SHARE

日本のコーヒーショップには「エスプレッソ・ドッピオ(Doppio)」という、コーヒーの量が2杯分のエスプレッソがあります。エスプレッソを一度により多く飲みたい方が注文するメニューで、私たち日本人にとっては自然と溶け込んでいる文化だと思います。

でも実は、本場イタリアに「エスプレッソ・ドッピオ」は存在しません!

それもそのはず、そもそもエスプレッソは、あの小さなエスプレッソカップで約25ccの少量を2〜3口でサッと飲み終えて店を後にするのがカッコいい飲み方だとされているから。

「ドッピオください!」などと注文したら、「ドッピオ? ダブル?? お前はそんなに好きなのか?」と、エスプレッソを2つのカップで同時に提供されてしまいます。イタリア人の中ではエスプレッソを2倍の量で飲むというのは不思議な習慣のようですね。

もちろん、私のバール〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉ではドッピオもご用意しておりますので、ご安心を。

【「阿部バリスタのコーヒータイムズ」シリーズ一覧はこちら】

【初出:この記事は2017年11月20日、初公開されました@AGARU ITALIA】

WRITER PROFILE
阿部 圭介 Keisuke Abe
阿部 圭介 Keisuke Abe

2000年にバリスタの魅力を知り、イタリア系カフェやレストランで修業を積んだ後、2014年、広尾に〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉をオープン。ピエトレ・プレツィオーゼ http://www.pietrepreziose.jp/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine