COLUMN
FOOD 04 Dec 2019

‟エノテカ”が楽しい! イタリア主要都市で気軽にワインと食事がいただけるお店「SIGNORVINO(シニョール・ヴィーノ)」に行ってみませんか?

SHARE

イタリアでもっとも気軽にワインを楽しめる‟エノテカ”のすすめ

イタリア語でワイン蔵を意味する‟Enoteca(エノテカ)”は、ワインの展示や試飲、販売を行なうワインショップやバーを指します。
本来のエノテカは、旅行者や訪問者へ向けたワインを手頃な値段で試飲、購入できる場所でした。が、現在は本格的な食事ができるレストランも兼ねたエノテカも増え、アペリティーボやランチ、ディナー、打ち合わせなど様々な場面で利用されています。

その場で購入したワインを店内で飲むことができるためレストランに比べてワイン代金がお得なのは、ワイン大国イタリアならではの嬉しいコンセプトです(ただし、お店によってシステムが異なる場合があります)。
ちなみにイタリアで最初に設立された州立エノテカは北イタリアはピエモンテ州にあります。その後オーストリアやドイツ、そして世界中へと広まり、現在は日本でも目にするようになりました。

地元民に愛されるモダンなエノテカ「シニョール・ヴィーノ」

「SIGNORVINO(シニョール・ヴィーノ)」は、イタリアの主力レッグウェアブランド「カルツェドニアグループ」の経営者のアイデアを元に生まれたエノテカ兼レストランです。
2012年にオープンして以来ヴェローナ、ミラノ、フィレンツェ、トリノなどイタリア各地に展開し、気軽にワインを楽しむ場所として年齢性別を問わず地元の人たちに親しまれています。

イタリアは全州でワインが生産されているワイン大国です。
北はピエモンテのバローロから南はシチリア島のエトナまで、自社でセレクトした1,500種類以上、イタリア全土のワインを取り揃え、店内にはシンプルな地方の郷土料理を味わえるレストランスペースも備わっています。
手軽なテーブルワインからヴィンテージワインまで豊富な種類が揃い、好みや気分に合わせて知識の豊富なスタッフがあなたにぴったりのワインを選ぶサポートをしてくれます。グラスは一杯4ユーロから様々な種類をお得に楽しめます。

SIGNORVINO

シニョール・ヴィーノ
https://www.signorvino.com/it/

色々試したい! ‟デグスタツィオーネ”という言葉を覚えてください

エノテカでおすすめなのが試食、試食を意味する‟Degustazione(デグスタツィオーネ)”です。食事のメニューの場合は生ハムやチーズ、クラッカーなど料理の盛り合わせ。ワインの場合は数種類のワインが試飲できるので、特に大人数で軽くつまみながらワインが飲みたいという人にぴったりです。

また、地元の特産品やワインがセレクトされている場合が多いので、地域別のデグスタツィオーネに是非挑戦してみましょう。
かしこまった雰囲気のお店で飲むのとは違い、ワイン初心者や若い年齢層もワインを楽しめるのがエノテカの魅力です。
現地の人々に愛されるエノテカで、新しいワインの楽しみ方を見つけてみませんか?

イタリアワインの魅力が満載!
イタリアワイン紀行 Vol.3 冬のピエモンテ、ワイン畑バローロで贅沢スパの旅~イル ボスカレート リゾート&スパIl(Boscareto Resort & Spa)へ~
【イタリア最高の産地を巡るワイン付きマガジン月刊DOCG】特別連載vol.6「 畑は森と隣り合わせ」
世界遺産「エトナ山」の麓にある老舗ワイナリー「NICOSIA(ニコシア)」で味わうワインの秘密
トスカーナで飲むイタリアワインの代名詞「キャンティ」「キャンティ・クラシッコ」そして「グラン・セレツィオーネ」

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
マリーニ あゆみ Ayumi Marini
マリーニ あゆみ Ayumi Marini

イタリアソムリエ協会認定ソムリエ。客室乗務員として勤務後、ミスユニバースファイナリストに選出されたのを機にモデル、語学留学など経験。結婚後イタリアへ拠点を移し、ワインの宝庫ピエモンテでワインと出会う。旅とワインのブログではイタリアワインや旅の様子を発信中。https://asmwine.com/

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa