FEATURE
FOOD 01 Feb 2019

ファッションの街、ミラノで愛されるお菓子の老舗「パスチェリア フレーニ」

SHARE

ファッションの中心街、ミラノにならぶ老舗「パスチェリア フレーニ」

ファッションの街といわれるミラノ。空気すらもおしゃれなこの街並み。
自分の姿勢も真っすぐになり、おしゃれをしようと無意識に襟を正す。
それがミラノです。
ミラノのブランド店が立ち並ぶおしゃれ地区・モンテナポレオーネ通りを少しすぎたあたりに、
このお店「パスチェリア フレーニ」はあります。
「パスチェリア フレーニ」はマジパンで有名な由緒ある老舗です。

chocolate

日本でマジパンと言えばケーキの装飾用のお菓子的存在。
そんなイメージを一新してしまうのが「パスチェリア フレーニ」のマジパンです。
マジパンはイタリア語で〈マルツァパーネ〉と言います。

日本では苦手と言う人が多くいますが、本場のマジパンはイタリアに行ったら、ぜひ食べて欲しい一品です。
最高級のアーモンドプードルと砂糖を使って作るその味は、例えるなら日本の和菓子の味わい。
その味は抹茶とも相性のよいことでしょう。
そしてなにより、「パスチェリア フレーニ」のマジパンは上生菓子のように美しい。
本物と遜色のないリアルな造形や、美しい彩りは、思わず息を呑むほど。
その美しさにテンションが上がる、芸の細かいお菓子です。

ショーウインドウにも美しいマジパンがずらりと並んでいます。
しっとりした生地は、ほどよい甘さとアーモンドの香りが絶妙で、どれも完成度の高い一品です。
その甘さと香りでは、いくらでも食べられると錯覚してしまうほど。

chocolate

伝統を忘れない、家族4代で紡いだ「パスチェリア フレーニ」の味と歴史

ミラノのファッショナブルな人も、ここには多く訪れます。
店内に入ってくるのはモデルのような人たちばかり。その立ち振る舞いに思わず見とれてしまいます。

1914年からの老舗である「パスチェリア フレーニ」、現地では日本の老舗和菓子屋さんのような存在なのでしょう。
現在でも家族で経営しており、オーナーのカルロ フレーニさんは、この店の4代目になります。
カルロさんはファミリーでこのお店を守り続けているそうで、いかにも老舗のご主人といった落ち着きを感じます。

ここのトラディショナルでビターな味わいのチョコレートはお酒にも合うことでしょう。
ナッツのチョコが多く並ぶ店内で、私はあえて栗のチョコレートを選びました。
あまり知られていないのですが、イタリアは栗も有名なのです。
丸ごとひと粒大きな栗をマジパンでくるみ、チョコをかけたというその贅沢さは圧巻です。

chocolate

日本では味わうことのできない、イタリアの食文化を感じられる貴重な体験をすることができるでしょう。

SHOP ITALIA バレンタインキャンペーン

バレンタインキャンペーン
バレンタイン発祥の国イタリアのチョコレートをもらおう!SHOP ITALIAバレンタインキャンペーンのご紹介

今年、SHOP ITALIAがスタートしてから初めてのバレンタインデーを迎えます。
その特別な日に、みなさまとバレンタインのお祝いをすべく、数ある素敵なイタリアンチョコレートの中から、SHOP ITALIA編集部が特別に厳選したイタリアのチョコレートを12名様にプレゼントするキャンペーンを実施いたします。

今年のバレンタインは、バレンタイン発祥の国イタリアのチョコレートでお祝いしましょう!

SHOP ITALIAバレンタインキャンペーン「Amore Amore Cioccolato」

キャンペーン期間:2019年1月28日〜2月15日(23:59まで)
応募方法はこちら

WRITER PROFILE
みり
みり

フェリシモのチョコレートバイヤー みりです。 早22年。日本初上陸やちょーうんちく系のチョコを捜し求め、世界中を飛び回っております。 ブログ  http://info.felissimo.co.jp/chocoblog/ ツィッター https://twitter.com/chocochoco_miri インスタグラム https://www.instagram.com/buyer_miri 著作は『世界の果てまでチョコレート』 フェリシモチョコレート専用サイト「幸福のチョコレート」 felissimo.co.jp/choco/

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!