EDITOR'S PICK
FOOD 22 Aug 2019

ポンペイ遺跡にも描かれたキアニーナ牛の生肉をタルタルでいただく幸福

SHARE

トスカーナが誇るブランド牛「Chianina(キアニーナ)」とは

トスカーナが誇るブランド牛「Chianina(キアニーナ)牛」は、世界一大きく、イタリアでは最も古い歴史をもつ品種の牛です。
ポンペイ遺跡の壁画にも描かれているキアニーナ牛は、2000年以上前、古代ローマ人やエトゥルリア人が農耕や運搬といった労働力として飼育していた他、白毛の巨体が高貴で神聖なイメージを醸し出しているため、神を祀る行事にも使用されていたと言われています。
名前の由来は、トスカーナ州南東部からウンブリア州方面に広がる「Val di Chiana (ヴァル ディ キアーナ)」。言うまでもなく、「Val di Chiana (ヴァル ディ キアーナ)」はキアニーナ牛の唯一の生息地です。

フィレンツェの守護聖人サン・ジョバンニのお祝いパレードに参加するキアニーナ牛

6月24日フィレンツェの守護聖人「サン・ジョバンニ」のお祝いパレードに参加するキアニーナ牛

赤身の旨味を存分に味わうキアニーナ牛のタルタル

キアニーナ牛は筋肉質で脂質が少なく、肉そのものの甘みや旨味、コクを存分に味わうことができます。
赤身肉の真の味を確かめるには、生でいただくのが一番。
フィレンツェにはキアニーナ牛の品質管理を確実に行い、生肉を安全に提供できる精肉店が数多く存在し、また、生肉をいただけるレストランが沢山あります。

キアニーナ牛の生肉を手にする料理人

生肉の調理方法として代表的なものが「タルタル」。中央アジアの遊牧民タタール族が生の馬肉を刻んで香味野菜と混ぜて食べていたものがヨーロッパに伝わり、普及しました。キアニーナ牛を細かく切った後、アンチョビ、ケッパー、玉ねぎ、マスタードを混ぜ、好みによって卵黄やソースを加えていただきます。

「タルタル」を美味しくいただけるレストラン

フィレンツェに4店舗あるステーキハウス「Trattoria dall’Oste」は上質なキアニーナ牛を気軽にいただけるレストランです。シンプルにカットされた生肉を自分好みの味付けでいただけることが特徴でトリュフをトッピングすることも可能です。店内は世界中からキアニーナ牛を味わうためにやってくる人たちでいつも賑わっています。
Trattoria dall’Oste
HP: https://trattoriadalloste.com
日本では生肉を食べることが少なくなった昨今。赤身の旨味をしっかり味わうことができる「キアニーナ牛のタルタル」は、是非、地元トスカーナで召し上がっていただきたい一皿です。

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
フィレンツェで愛される1885年創業のバー「PROCACCI(プロカッチ)」でつまむ絶品トリュフ料理
バレンタインデーやギフトにおすすめ! イタリア各地を代表するイタリアンチョコレートブランド5選 | Venchi, TORTA PISTOCCHI, Bodrato, BABBI, Baci
レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年、フィレンツェの夏

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
奥田マリア
奥田マリア

イタリア在住。カンパーニャ州出身の夫・義両親と共に暮らし、イタリア人家族の日常生活やイタリア文化に関する記事を執筆する他、日本文化についてイタリア人に情報発信している。

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine