FEATURE
FOOD 29 Jan 2019

イタリア代表チョコ「カファレル」のチョコレート工場〜カファレルが生み出したイタリアの定番チョコレートとは?

SHARE

イタリアを代表するチョコレート「Caffarel(カファレル)」のチョコレート工場

イタリアの北部、スイスとの国境の街トリノ。
ここはイタリアと言っても、アルプス山脈が見え、イタリアの明るい太陽のイメージとはちょっと違う落ち着いたヨーロッパの中世都市です。
昔から文化や情報の交差点としてこの地は栄えたようです。
気のせいかも知れませんが、人もイタリア人とは思えない静かな人が多いように思えました。
また、この街は美食の街としてヨーロッパでは有名で、近隣の国から観光客も多く訪れていました。


この街出身のイタリアを代表する有名なチョコレートが「カファレル」です。
今や世界の人気者ですが、一番流行っているのは日本だと思います。
アメリカにもありますが、日本ほどポピュラーではないように思えます。

カファレルカファレル レガロブルー

カファレルカファレル チョコラティーノ

かわいいセンスのパッケージ。
万人に愛されるやさしい味わい。
日本で若い女性に大人気なのもうなずけます。

このカファレルがイタリアチョコの代名詞「ジャンドゥーヤ」を世界で初めて作ったとご存じでしょうか?
銀紙に包まれた三角形の柔らかなあのチョコです。

カファレル

チョコレート工場見学へ! カファレルが生み出したイタリアンチョコレートの定番

トリノの街からさらにのどかな自然豊かな田舎の風景の中に、突然大きなカファレルの工場があります。
工場に入るとまず見せてくれるのは、巨大タンクの中にぎっしり詰まったヘーゼルナッツの山です。

カファレル

実はジャンドゥーヤとは30%がヘーゼルナッツなのです。
戦争中カカオが手に入らなかった時代に、代替としてピエモンテ州の特産物ヘーゼルナッツを使ったのが始まりです。
このヘーゼルナッツの香ばしさがイタリアのエスプレッソと相性がよかったのでしょうね。
今ではイタリアではほとんどがこのジャンドゥーヤです。

しかし、こんなにヘーゼルナッツをたくさん混ぜることによって問題もありました。
今までモールド(型)に流して固めていたチョコが固まらなくなったのです。
そこでジャンドューヤは、マヨネーズのようにチューブから絞り出されて作られるようになりました。
話には聞いていましたが、なかなか実際見るまではイメージできなかったのですが、見たら納得。
本当ににゅるっと絞り出され、コンベアにうまく並んでいくのです。

カファレル写真右:イタリア・ピエモンテ州トリノ「カファレル」のチョコレート工場/写真左:ジャンドューヤ

この製造方法はほかのチョコレートにはないもので、驚きでした。
それを機械がていねいに包んでいくのですが、私はイタリア人の機械好きをよく知っています。
なぜかショコラティエは機械の説明をするのです。いつ買ったとか、中古で買ったとか。
ものづくりが大好きな国民性なんだろうと思います。
機械と言っても最新鋭のものでなく、シンプルな乾燥機だったとしても、説明します。
ほかの国にはない商談の中の会話です。

イタリアらしさを感じるチョコレート

私はカファレルの素晴らしいところは、「イタリアのおおらかさを残しながら、日本の環境にマッチしてること」だと思っています。
この具合が非常に難しいのです。
あんまり日本に合わせすぎると、何か完全に日本人チョコになってしまったような気がします。
カファレルはちゃんとイタリアらしさを残しながら、日本のお客さまに笑顔を振りまいているところが素晴らしいと思うのです。

最後に・カファレルの魅力

私、チョコレートバイヤーみりは、世界のローカルチョコレートを集めているので、あまり大手のチョコレートに注目していないのですが。
カファレルに関しては、やっぱりあのトリノの山の中の工場まで行ったという、愛着があるのです。
だから、えこひいきと言われても、なんだか応援しちゃう。かわいく見えちゃう。
やっぱりどんなに大手であっても「ものを作る」という現場には人を説得する力があるんだなと思います。
私のカファレルへのえこひいきはまだまだ止まりません。

SHOP ITALIA バレンタインキャンペーン

バレンタインキャンペーン
バレンタイン発祥の国イタリアのチョコレートをもらおう!SHOP ITALIAバレンタインキャンペーンのご紹介

今年、SHOP ITALIAがスタートしてから初めてのバレンタインデーを迎えます。
その特別な日に、みなさまとバレンタインのお祝いをすべく、数ある素敵なイタリアンチョコレートの中から、SHOP ITALIA編集部が特別に厳選したイタリアのチョコレートを12名様にプレゼントするキャンペーンを実施いたします。

今年のバレンタインは、バレンタイン発祥の国イタリアのチョコレートでお祝いしましょう!

SHOP ITALIAバレンタインキャンペーン「Amore Amore Cioccolato」

キャンペーン期間:2019年1月28日〜2月15日(23:59まで)
応募方法はこちら

WRITER PROFILE
みり
みり

フェリシモのチョコレートバイヤー みりです。 早22年。日本初上陸やちょーうんちく系のチョコを捜し求め、世界中を飛び回っております。 ブログ  http://info.felissimo.co.jp/chocoblog/ ツィッター https://twitter.com/chocochoco_miri インスタグラム https://www.instagram.com/buyer_miri 著作は『世界の果てまでチョコレート』 フェリシモチョコレート専用サイト「幸福のチョコレート」 felissimo.co.jp/choco/

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!