NEWS
FOOD 08 May 2019

トリノの老舗カフェ「ビチェリン」の名物ドリンクが日比谷限定でソフトクリームに!

SHARE

250年の歴史を持つ「ビチェリン」のチョコレートドリンクのスィーツが誕生

イタリア建国時、最初の都市となったトリノにはサヴォイア家の王宮があり、またフィアットの本拠地でもあるので、数多くの人が出入りしてきました。その歴史の中でカフェの役割も大きく、それゆえに老舗がたくさんあります。中でも最古と言われているのが、コンソラータ広場で1763年に創業をした「ビチェリン」です。

bicherin

ヘミングウェイやプッチーニにも愛されたカフェの名物であるチョコレートドリンク、その名もビチェリンが、ソフトクリームに姿を変え誕生しました。ちなみに、ビチェリンという言葉はピエモンテ語で「小さなグラス」を意味し、ホット・チョコレート、エスプレッソ、生クリームの3層からなるドリンクです。それがソフトクリームになったというから驚きです。

ほどよい甘さの生クリームとチョコレートのソフトクリームが層となり、表面のエスプレッソソースとカカオパウダーが大人っぽい苦味と深みを与えます。
サヴォイアルディ(ビスケットの一種)を添えることで、バランスの良い味わいを楽しめます。
イタリア直輸入のオリジナルカカオパウダーも加わり、遠くトリノの名店を口の中で感じさせてくれるのです。

bicherin

チョコレート、そしてそこにかかるエスプレッソソース、この組み合わせはカフェの名をもつメニュー「ビチェリン」そのもの。
本国で無類の人気を誇るドリンクをソフトクリームで食べるチャンスに感謝したいと思います。
ちなみに、日本では「ビチェリン 東京ミッドタウン日比谷店」だけでしか食べられませんのでご注意を。

bicherin

お問い合わせ先
ビチェリン 東京ミッドタウン日比谷店
価格650円(税込)

WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine