FEATURE
FOOD 27 Nov 2019

本物のモルタデッラ、サラミーニといったデリミートを日本に広める「Arigat-EU(アリガテウ)」と一緒にボローニャへ行ってきました!

SHARE

ボローニャ発 本物のモルタデッラを始めとする美味しいデリミートを日本へ!!

イタリアの卓越した美味を日本に届ける「Arigat-EU(アリガテウ)」プロモーションは2018年9月よりスタートしました。
「Arigat-EU」に参加しているのは、モルタデッラ・ボローニャIGP、サラミーニ・イタリアーニ・アッラ・カッチャトーラDOP、ザンポーネ・モデナIGP/コテキーノ・モデナIGPといったイタリアのデリカテッセンを代表するDOP(保護原産地呼称)やIGP(地理的保護表示保護)認定を受けたデリミートの3つのコンソーシアムです。

モルタデッラ・ボローニャIGP、サラミーニ・イタリアーニ・アッラ・カッチャトーラDOP、ザンポーネ・モデナIGP/コテキーノ・モデナIGP

IGPは、食品の生産、加工、熟成のうち1つの工程が限定された地域で行われているもの、DOPは、産地・素材・製法等がすべて定められたルールに則って作られた特産品のことをいいますが、今回、美食の街であると共に、ヨーロッパで一番古い大学のある文化都市であることも有名な、エミリア=ロマーニャ州のボローニャへその美味しさの秘密を探りに行ってきました。

世界最古の大学とされるボローニャ大学

モルタデッラは、中世の頃には一部の富裕層のみが食することの出来た高級ソーセージで、さまざまな製造法が出回りました。しかし、1661年10月24日にモルタデッラの製法は枢機卿によ発行された法令では、豚肉のみを使用し、ボローニャの城壁の中でのみ製造することが定められました。

ボローニャにある歴史博物館の一角にモルタデッラ・ボローニャIGPのセクションをができました

法令が発行されてから358年後の2019年10月24日、ボローニャにある歴史博物館の一角にモルタデッラ・ボローニャIGPのセクションをができました。モルタデッラの歴史や作り方、そして人々が身近に触れきてたモルタデッラの文化については語りつくせないほどの情報がありますので、また別の機会でじっくりとご紹介したいと思います。

ボローニャにある歴史博物館の一角にモルタデッラ・ボローニャIGPのセクションをができました

日本で本物のデリミートが食べられるのはどこ?

さらに、日本ではなかなか馴染みのない、ザンポーネやコテキーノはクリスマスから年末にかけて食べる縁起物。その形がコインに見えるレンズ豆と共に食べることで、富や繁栄を願うとか。
厳選した豚肉にスパイスを混ぜたものを腸や豚足に入れ、4時間ほどかけて加熱し作るザンポーネはなかなか日本では食べられませんが、よりミンチの細かいコテキーノはネットで購入することができますので、今年のクリスマスはコテキーノで金運アップを願ってみてはいかがでしょうか?

ザンポーネやコテキーノはクリスマスから年末にかけて食べる縁起物

サラミーニ・イタリアーニ・アッラ・カッチャトーラは、加熱ではなく熟成により作られます。ミンチにした肉にスパイスを混ぜ腸詰。乾燥と35日間にも及ぶ熟成によって、あのしっとりした肉質と香り高いサラミが出来上がるというわけです。

サラミーニ・イタリアーニ・アッラ・カッチャトーラは、加熱ではなく熟成により作られます

最近はモルタデッラやサラミーニなど、食べられるイタリア料理店も増えていますが、2019年7月、東京・目白に『Tigelleria Gatari(ティジェッレリア ガタリ)』というティジェッレとニョッコフリットと共にモルタデッラというボローニャやモデナの味を体験できるお店がオープンしました。スタンドのバルのような気軽なお店ですが、切り立てのモルタデッラが楽しめます。ぜひ日本でもイタリアの誇るデリミートを体験してみてくださいね。

Tigelleria Gatari(ティジェッレリア ガタリ)ではボローニャやモデナの味が楽しめます

日本で本物のデリミートが楽しめる「Arigat-EU(アリガテウ)」についてはこちらから

Tigelleria Gatari

ティジェッレリア ガタリ
https://www.facebook.com/TigelleriaGatari/
東京都豊島区目白3-4-15目白駅前ビルB1F
☎03-6914-4554

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
本物のハム、サラミ、ソーセージを食べたいのなら『Arigat-EU(アリガテウ)』が近道です

「本物の」サラミやハムを広めるプロジェクト『Arigat-EU (アリガ-テウ)』。本場イタリアの味がじわりと日本で浸透中
イタリア サラミ、ハムを日本に広める「Arigat-EU」とは? 本場イタリアンシェフ直伝 絶品イタリアンレシピ付き

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
道明寺さくら
道明寺さくら

美食をこよなく愛するグルメライター。2007年にスタートしたブログ「美食コンシェルジュ 道明寺さくらの美味しい毎日」で、オフィシャルトップブロガーとして美味しいお店情報を発信しています。大人の女性が楽しめるグルメサイト「オトナ女子グルメ」を主催。ぐるなびキュレーションサイト「メシコレ」では、フレンチ・イタリアンを担当し、小田急不動産の生活情報サイト「小田急のくらし」では小田急沿線のグルメ情報を、ぐるなび×東京メトロ共同事業の「レッツエンジョイ東京」では話題のお店や居心地の良いお店など、乙女心がときめく素敵なレストランをご紹介しています。ブログhttps://ameblo.jp/sakura-beautiful/ Instgramhttps://www.instagram.com/sakura.007/ Twitterhttps://twitter.com/sakurabe Facebookhttps://www.facebook.com/bishiyoku/

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa