日本人好み♡アマルフィ海岸の絶品スウィーツ【小林真子のイタリア通信】
FOOD 16 Jan 2019

日本人好み!アマルフィ海岸の絶品スウィーツ【小林真子のイタリア通信】

SHARE

シーズンオフの1月にアマルフィを訪れたため、ほとんどのレストラン&スウィーツ店が休業中で食べてみたかったアマルフィ名物が何も食べられなかった私。失意の中、アマルフィのホテルでチェックアウトをしていたところ、仲良くなったホテルのフロントの人がこんなことを教えてくれました。「隣町のMinori(ミノーリ)に有名なお菓子屋さんがあるから行ってごらん。そこでアマルフィ名物ドルチェ”デリツィア・アル・リモーネ”も食べられるよ。確か冬も営業していたはずだから確認してあげるね」と電話をかけて営業中であることを確認してくれました。

アマルフィ海岸はレモンの生産が盛ん

italia

アマルフィ海岸はレモンの生産地としても有名。サレルノからアマルフィまでの山道の断崖絶壁にもレモン畑が広がっていました。

italia

レモンの生産が盛んなアマルフィ海岸ではレモンクリームパスタやレモンリゾットなどが名物料理。アマルフィ名物ドルチェの”デリツィア・アル・リモーネ”もレモンを使ったケーキです。

日本人好みのレモンケーキ「デリツィア・アル・リモーネ」

italia

italia

ホテルの人に教えてもらったスウィーツの名店「Sal De Riso(サル・デ・リゾ)」はミノーリのバス停の真ん前にありました。目の前に広がるミノーリの美しい海岸を眺めながら絶品スウィーツが楽しめます。

italia

アマルフィ名物のレモンのケーキ“デリッツィア・アル・リモーネ”を注文すると気分が一気に上がる美しい盛り付けで出てきました。

italia

ドゥオーモ型がなんとも愛らしく、その見た目の美しさもさることながら、その美味しさといったら!イタリアのケーキはずっしり&ぼそぼそっとした触感のタイプも多いのですが、このケーキはしっとりふんわり系で日本人好み。レモンシロップ入りのカスタードクリームをスポンジケーキで包み、さらにアマルフィ海岸のレモンピールで香りづけされたクリームをコーティングしたケーキで爽やかな甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。まさにデリツィア・アル・リモーネ=「レモンの歓び」という名にふさわしいスウィーツ。

「Sal De Riso(サル・デ・リゾ)」はこれまで数々の賞を受賞してきた有名なイタリア菓子職人Salvatore De Riso (サルバトーレ・デ・リゾ)氏がオーナーのお店。過去に日本橋三越本店のイタリアフェアにデリツィア・アル・リモーネなどのスウィーツを出店したことがあるようです。

italia

お目当ての絶品スウィーツを食べた後は店内でお買い物。「Sal De Riso(サル・デ・リゾ)」は店内もとてもキュートです。

italia

デリツィア・アル・リモーネ以外にも目移りするほど美味しそうなケーキがずらり。ああ、全種類食べた~い!

italia

お土産コーナーも充実の品揃え。フルーツのコンフィチュールや、リキュール、ビスケットなどもオシャレな包装で選ぶのに迷ってしまいます。中にはスウィーツをイメージした香水やルームフレグランスまでありました。

italia

迷いに迷った挙句、アマルフィ名物デリツィア・アル・リモーネ味のビスケットとコンフェッティ(イタリアの砂糖菓子)をお土産に購入しました。これまたとても美味しくイタリア人たちにも大好評でした。

italia

italia

デリツィア・アル・リモーネを堪能した後は、バスが来るまで美しいミノーリの海岸を散策しました。アマルフィとはまた違う雰囲気でいつかゆっくり歩いてみたいと思うような街でした。

アマルフィから足を延ばして隣町のミノーリで絶品スウィーツ。爽やかな甘さに旅の疲れも癒されますよ。

パスティッチェリア・サル・デ・リゾ、ミノーリ店

Via Roma, 80 – 84010 Minori, Costa di Amalfi

http://www.salderiso.it/

WRITER PROFILE
小林 真子 Mako Kobayashi
小林 真子 Mako Kobayashi

フィレンツェ在住。元静岡朝日テレビ報道記者。2012年よりフィレンツェ在局FMラジオ番組レギュラー出演。イタリアの労働ビザを取得し、イタリア製アイテムのオンラインショップ「AmicaMako(アミーカ・マコ)」を経営。2013年、イタリアのテレビ局SKYのドキュメンタリー番組に出演。「週刊新潮」「宅ふぁいる便」等でイタリア関連の記事やコラムを執筆。 AmicaMako https://www.facebook.com/amicamako/ https://www.blog.amicamako.com/ https://www.instagram.com/amicamako/

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!