FOOD 11 Oct 2018

エスプレッソにリキュールを入れた「カフェ・コレット」|阿部バリスタのコーヒータイムズ

阿部 圭介 Keisuke Abe
SHARE

この私のコラムの中で何度か名前が出てきたかと思いますが、ここで改めてお話を。

イタリア人はエスプレッソにリキュールを入れて飲む習慣があります。エスプレッソに10〜15ccのリキュールを直接垂らしてバリスタが淹れるメニューで、これを「カフェ・コレット」といいます。

カフェ・コレットに入れるリキュールはさまざま。ヘーゼルナッツのリキュール「フランジェリコ」、くるみのリキュール「ノチェッロ」、ブドウの蒸留酒「グラッパ」、レモンのリキュール「リモンチェッロ」など、40度前後のハードリカーを入れることが多いです。

レストランで食後に頼むのも、もちろんOK! カッコいい食事の〆方だなと思われますよ。バールではいつでも注文でき、寒い時など暖をとるかのような嬉しい美味しさです。

私のお店〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉でもリキュールを入れて飲むお客様が多くなってきました。色々なリキュールがありますので、みなさんも行きつけのバールでバリスタに聞いてみてはいかが?

【「阿部バリスタのコーヒータイムズ」シリーズ一覧はこちら】

【初出:この記事は2018年2月19日、初公開されました@AGARU ITALIA】

WRITER PROFILE
阿部 圭介 Keisuke Abe
阿部 圭介 Keisuke Abe

2000年にバリスタの魅力を知り、イタリア系カフェやレストランで修業を積んだ後、2014年、広尾に〈ピエトレ・プレツィオーゼ〉をオープン。ピエトレ・プレツィオーゼ http://www.pietrepreziose.jp/

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa