NEWS
FOOD 25 Jun 2018

イタリア産の希少なキアニーナ牛のTボーンステーキをグランドハイアット東京で堪能するチャンス。1ヵ月限定30食

梅森 妙 Tae Umemori
SHARE

日本に輸入されるのはたった2頭だけ

グランドハイアット東京のイタリアンカフェ「フィオレンティーナ」で、イタリア産の希少なキアニーナ牛を贅沢に使ったフィレンツェの伝統料理「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」が提供されています(2018年6月8日より)。

キアニーナ牛は昨年から日本へも輸入されるようになったイタリアの高級ブランド牛です。イタリアのトスカーナ州東部からウンブリア州方面に広がるキアーナ渓谷で飼育され、世界でもっとも大きな牛と言われており、古代ローマ時代には神聖な儀式にも使われていた歴史をもちます。

タンパク質が豊富で脂肪が少なく、低コレステロールで鉄分が多いので、一般的な牛肉に比べてヘルシー。また、バランスの良い霜降りで肉質はきめが細かく繊細でやわらかく、独特の甘みがあります。噛みしめるたびにコクのある力強い味わいとうまみを感じるのが特徴です。

フィオレンティーナでは、日本に輸入されるのは毎月たった2頭のみという、キアニーナ牛の中でもサン・ジョッベ農場で飼育された希少な純粋種のキアニーナ牛のみを使用。サン・ジョッベ農場で飼育された牛は、「中央アペニン山脈産白子牛」IGP(保護指定地域表示)認証を受けています。これは、イタリア産の新鮮な牛肉について欧州連合が1998年欧州規則134号に則して承認した唯一の認証です。

最高級のフィレンツェ風Tボーンステーキ

フィレンツェの郷土料理である「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」。ダイナミックなTボーンステーキは、赤身が食べ応えのあるフィレとやわらかく風味が豊かなサーロインの2つの部位を一度に楽しめます。

「素材にこだわった結果、ヒレがやわらかく、噛めば噛むほどうまみが出る味わいのイタリアで最も有名で高品質のキアニーナ牛を使うことに決めました。Tボーンステーキとして提供することで、骨や筋のまわりの一番うまみを感じられる部位をご堪能いただけます」と、フィオレンティーナの古村料理長が自信を持っておすすめする新しいスペシャリテです。

1カ月に約30食限定となっています。この機会に希少なイタリアの高級牛肉を味わってみてはいかがでしょうか。

SHOP DATA
●店名:フィオレンティーナ
●住所:東京都港区六本木6-10-3 グランドハイアット東京 1階
●TEL:03-4333-8780(直通)
●メニュー名:ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(550g) 
●料金:1万5000円(税・サービス料別) 
*在庫に限りがあるため、あらかじめ店舗に確認、予約の上でお出かけください。
●公式サイト:https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/restaurants/fiorentina-italian-restaurant/
WRITER PROFILE
梅森 妙 Tae Umemori
梅森 妙 Tae Umemori

出版社勤務ののちフリーランスの編集者として、単行本、雑誌、ムック、ウェブなどで、テーマにこだわらずに好奇心のおもむくままに幅広く活動中。エスプレッソ・イタリアーノ・テイスター。家電製品総合アドバイザー。編集を担当した『質問』(田中未知著、文藝春秋刊)が18年ぶりの復刊、発売中。 Twitter 『質問』伝説の書復刊 @shitsumonB

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa