COLUMN
FOOD 02 Mar 2018

イースター名菓コロンバは平和のシンボル

ステファニア・ヴィティ Stefania Viti
SHARE

コロンバ(イタリア語で「ハト」の意)は、エッグチョコとともにイタリアのイースターに欠かせないスイーツの一つ。ロンバルディア地方が起源ですが、時とともに地域によって独自の異なるタイプのコロンバが生まれました。

「平和」を運ぶハト型スイーツ

コロンバは、イースターの期間、イタリアの家庭で欠かせない大切なお菓子です。キリスト教では、コロンバは「聖霊、希望、救い」を表しますが、イースターの時期は特別に「平和」を象徴します。その種類は地域ごとにさまざま。

ロンバルディア伝統のコロンバは、卵、小麦粉、バター、砂糖、オレンジの砂糖漬をベースに、アーモンドの糖衣で飾られたシンプルなもの。
シチリアのコロンバは香り高く、パスティフォルティまたはパルメッディと呼ばれ、どちらも農林政策省(Mipaaf)の伝統的イタリア食品(PAT)リストに登録されています。

コロンバ――その誕生の秘密

アーモンドや糖衣で飾られた伝統的なコロンバも、もとはパネットーネと同じ生地と設備をイースターの時期にも使えるようにと、市場戦略の中で生み出されたもの。1930年代、ミラノのMotta社の広告責任者ディーノ・ヴィッラーニ氏は、パネットーネに似たイースター向けのお菓子を考案。これが異例の成功を収め、国内外で有名になりました。これがよく知られたコロンバ誕生秘話ですが、実はもっと古い起源があるというのです!

その一つが、鳩や雄鶏の形をしたシチリアのパスティフォルティ。中には、小麦粉、卵、砂糖、バター、蜂蜜、ココアバター、アーモンド、ヘーゼルナッツ、コーンスターチに砂糖漬けフルーツをベースにした、ヴェネト州で作られる鳩の形をしたフガッサ(甘いフォカッチャ)などの変わり種も。

作るのも一苦労!? コロンバの伝統的なレシピ

コロンバの材料はとてもシンプルですが、実は調理がとてもたいへん! なので各家庭で作られることはほとんどなく、製品を買うケースがほとんど。
調理過程では、生地を3段階に分けて捏ねる必要があります。1回目は水、牛乳、小麦粉、酵母をベースにしてこね、2回目は1回目の生地を2時間ほど発酵させ、小麦粉、砂糖、バターを加えてさらに1時間半ほど発酵。最後に、小麦粉、バター、卵、砂糖、塩、オレンジの砂糖漬けを加えて16時間熟成。その後、デンプン、卵白、砂糖、アーモンドの糖衣でつやを出し、鳩型に入れて焼き上げれば完成。でき上がったコロンバは、甘くていい香りが口いっぱいに広がり、ふわふわっと口の中でとけます。デザートや朝食にもおススメです!

Translated by Yasuo Asaki

WRITER PROFILE
ステファニア・ヴィティ Stefania Viti
ステファニア・ヴィティ Stefania Viti

ヴェネツィアのカ・フォスカリ大学日本文学科を卒業後、来日。約10年間の東京生活では、女性誌の編集や在日イタリア大使館のプレスとしても働く。ミラノへ戻り、新聞記者を経て、現在はイタリアの食材に特化したWebマガジン「ARTE CIBO」の副編集長をつとめる。イタリアで出版された著書に『Il Sushi/寿司』『L’Arte del Sushi/鮨の芸術』『Il Sushi Tradizionale/伝統的な鮨のレシピ』『Il Libro del Ramen/ラーメンの本』がある。2016年、ウンベルト・アニェッリ賞(日本とイタリアの文化の懸け橋を担うジャーナリストへ贈られる賞)を受賞。 Stefania Viti Webサイト http://www.stefaniaviti.com/ ARTE CIBO(アルテチーボ) http://www.artecibo.com/

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa