COLUMN
FOOD 19 Jun 2018

旬の野菜で手抜き料理「ズッキーネ・リピエネ」【サルデーニャの食卓から】

クラウディア・カズ Claudia Casu
SHARE

イタリアの食卓に欠かせない夏野菜

日本でもすっかりおなじみになった野菜ズッキーニ。フランス料理の「ラタトゥイユ」が定番ですが、イタリア料理でもさまざまなメニューに登場する夏野菜です。

収穫は6月から9月まで。ほのかな甘みと苦みが特徴です。見た目はキュウリに似ていますが、実はかぼちゃの仲間なので、ビタミンやミネラルなどが含まれています。低カロリーなのもうれしいですね。

焼いてもいいし、煮込んでもいいし、他の夏野菜や肉、魚と組み合わせやすい食材。サルデーニャでは、夏のあいだ、グリルやオーブン焼きなど、ズッキーニを使った手抜き料理をよくつくります。

ちなみに、ズッキーニの花も食べられます。咲かないうちに摘み取り、天ぷらにしたり、ピッツァのトッピングにしても美味しいですね。

今回はひき肉を詰めてオーブンで焼くだけの、手間のかからない人気メニュー「ズッキーネ・リピエネ」のレシピをご紹介します。

【レシピ】材料2人分

ズッキーニ(中) 4本
牛ひき肉 160g
たまご 1個
パン粉 15g
レモンの皮 1個分
にんにく 1片
イタリアンパセリ、塩

①ズッキーニを洗って、拭きます。
へたを切り落としてから、縦半分に切ります。
包丁で端から5mmのところに切り込みを入れ、スプーンで中身をくり抜きます。
内側に塩をふりかけて、しばらくおきます。

② くり抜いたズッキーニの中身を、オリーブオイル、にんにくの半分、お塩と一緒にフライパンに入れて、火にかけます。軽くソテーしてから、ミキサーにかけてソースを作ります。

③ボウルにひき肉、たまご、パン粉、レモンの皮、イタリアンパセリとお塩を入れて、よく混ぜます。
準備したズッキーニの中をよく拭いてから、ひき肉を詰めます。
表面にパン粉をかけます。

④ 鉄板に並べて、200度で予熱しておいたオーブンに入れ、しっかりきつね色になるまで焼きます(約30分)。

⑤ 他の夏野菜(チェリートマトなど)と一緒にお皿にのせて、ソースをたっぷりかけて、できあがり。
お好みでレモン汁をかけます。

WRITER PROFILE
クラウディア・カズ Claudia Casu
クラウディア・カズ Claudia Casu

イタリア・サルデーニャ島出身。ローマ、ロンドン、東京などでグラフィックデザイナーとして約20年働く。2012年よりパスタ・デザイナーとしての活動をスタートし、「Sardegna Cooking Studio」料理教室を主宰(一般クラスとプロ向けのプライベートクラスあり)。季節に合わせた新鮮な食材を選び、芸術的な形の本格手打ちパスタや伝統的なサルデーニャ料理を日本に広めている。 www.facebook.com/SardegnaCookingStudio/

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa