COLUMN
FOOD 31 May 2018

伝説のグラッパ職人が遺した「グラッパ パリエリーナ」。日本限定ラベルで登場

「SHOP ITALIA」編集部
SHARE

イタリアを代表するお酒のひとつ、グラッパ。ワインをつくるときに出るブドウの搾りかすを発酵、蒸留させて作るこのお酒は、イタリアでは食後酒として親しまれています。

今回は伝説のグラッパ職人と、彼が亡くなる年に仕込まれた「グラッパ パリエリーナ」についてご紹介します。

グラッパ職人のレジェンド、ロマーノ・レヴィ

伝説のグラッパ職人、ロマーノ・レヴィ氏をご存じでしょうか。ピエモンテ州ネイヴェにある両親から引き継いだ蒸留所で、亡くなる2008年までグラッパを作り続けていました。

ロマーノ・レヴィ氏の蒸留所兼自宅。

彼のグラッパは直火蒸留という昔ながらの製法で作られているのが特徴です。この製法は温度調整が難しく、知識と経験を必要とします。そしてすべての工程は手作業で行われます。

ロマーノ・レヴィ氏自身が描いたイラストによるラベル。可愛らしいイラストで、いろいろなデザインがあり、コレクションしたくなります。

そんな彼が、没年となる2008年に仕込んだヴィンテージ「グラッパ パリエリーナ 2008‐2015」が、Vino Hayashi(ヴィーノ ハヤシ)から日本限定ラベルで発売されました。

「パリエリーナ」は「麦わら色」という意味。その名の通り、木樽熟成によって淡い茶褐色をしています。7年間という長い熟成期間を経てリリースされたこのグラッパは、まろやかで奥行きのある味わい、落ち着いた印象ながらスケールを感じさせる、そんなグラッパになっています。そして今回発売される「グラッパ パリエリーナ」のラベルは日本限定です。

ロマーノ・レヴィ氏が亡くなった現在、彼の弟子のファブリツィオ・ソブレロ氏が蒸留方法を引き継ぎ、グラッパを作り続けています。

ロマーノ・レヴィ氏の弟子で、レヴィ氏からグラッパの製法を継承したファブリツィオ・ソブレロ氏。現在でも自然炎の直火式蒸留釜、無補糖・無香料でグラッパ作りを行っています。

グラッパは売るためのものではなく、プレゼントするものだという考えを持っていたロマーノ氏。誰かに大切な人に、このグラッパをプレゼントするというのもまた一興かもしれません。

限定ラベル ロマーノ・レヴィ グラッパ パリエリーナ 2008‐2015  19,440 円(税込)

Information
販売サイト: Vino Hayashi(ヴィーノ ハヤシ) http://store.vinohayashi.jp/products/detail367.html
WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa