梅干し♡ペコリーノ
COLUMN
FOOD 26 Nov 2018

梅干し、ペコリーノ 酸味が織りなす親和性【わたし、イタリアワインと結婚します⑤】

SHARE

南北に長く、多種多様なぶどう品種が栽培されるイタリアのワインは、実に個性豊か。一見ワインと合わないのでは?と思う食材にも見事なマリアージュを叶えるのです。凄腕の仲人インポーターが、素敵な結婚をサポートいたします。

梅干しの酸味が引き出す、辛口ワインの魅力

イタリアには、スモモや杏など梅に似ているものはありますが、日本でいう梅そのものはありません。梅干し単体で考えると、酸味が強く、正直ワインと合わせにくいのですが、ここはちょっと視点を切り替えてみましょう。

酸味というのはワインと料理のペアリングにおいて重要な要素。“調味料”として考えると、一転、梅干しさんとワインの距離はぐっと縮まります。実際ヨーロッパでは、料理でよくビネガーを使いますし、それを梅干しに置き換えることで日本人の舌に合った素敵な国際結婚が叶うのです。

例えば、塩の焼き鳥や茹でた豚(もしくは豚のしゃぶしゃぶ)に、ちょこんと乗せた梅干しさん。おすすめのお相手は、アブルッツォ州の土着品種、ペコリーノで造られる辛口の白ワインです。ペコリーノさんは、ローズマリーのようなハーブのニュアンスと、ホワイトペッパーのようなスパイシーさがあり、鶏や豚と相性抜群。梅干しさんのさっぱり感がレモンの代わりとなり、より親密さが増すというわけです。

本日の仲人インポーター

米山直毅

italia

〈梅林堂〉香林梅2,160円(350g)

伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳

〈チャボリック〉アリエス ペコリーノ コッリーネ・ペスカレージ3,888円(白/750ml)

伊勢丹新宿店本館地下1階=グランド カーヴ

【これまでの連載はこちら】

初出:この記事は2018年2月16日、公開されました@AGARU ITALIA

WRITER PROFILE
米山直毅 Naoki Yoneyama
米山直毅 Naoki Yoneyama

株式会社グラン・サム JSA認定ソムリエ 学生時代はイタリアに1年間留学。イタリアンレストランでのアルバイト中ワインに興味を持ち、ワイン業界へ。ボローニャ滞在中に教わったボロネーゼソースは常に作り置きして冷凍庫に保存している。

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine