COLUMN
FASHION 12 Jun 2019

シンプルな美しさでタイムレスな気品を放つヴァレクストラの「イジィデ」バッグ

SHARE

女性はバッグのこととなると目の色が変わります。最新でいながら長く使えるバッグのことを常に考えていませんか?

感度の高い女性から支持を集める「イジィデ」バッグの魅力に迫る

持つだけでジュエリー代わりになりそうな強い色レッド。素材はカーフスキン。
飽きのこないデザインとは、最大限に装飾をそぎ落としてこそ生まれるもの。シンプルでいながら構築的、さらに決定的な品格のある美しさがあれば、いつの時代でも装いの中心に使用することができます。
イタリアのヴァレクストラはそんな飽きのこないバッグの代表。さらに、数あるモデルのなかでも大人の品格を求める女性に人気なのが、こちらの「イジィデ」バッグです。今回はその人気の秘密に迫ってみましょう。

最もタイムレス表情を放つブラック。インナーポケットはファスナー付きがひとつ。
古代エジプト伝説の神々に敬意を表したというピラミッド型のシルエットが特徴の「イジィデ」バッグ。その名は、天上の神々が母性と豊穣を司る気品ある女神イジィデにちなんでいます。

このバッグの限りなくシンプルなデザインは、他のどのバッグの品をも上回り、タイムレスである、と国内外の有名ファッショニスタから認知されています。とくにミディアムサイズは、どんな装いにも合わせやすく、手で持つことも、取り外し可能なストラップで肩がけも可能。クラシカルからモード、ドレスからカジュアル、和装まで、どんなスタイルもクラスアップをしてくれます。

シンプルなデザイン、上質な素材、丁寧な仕上げにほれ込む

コバと呼ばれる革をカットした端の部分には、ヴァレクストラ独自の染料”Costa”を手作業で幾重にも塗り重ねることで、微細な美しさを表現。ゴールドトーンの金具と美しいハーモニーを作り上げています。また、バッグ内部には製造プロセスを監視した熟練の職人によるモノグラム付きのシリアルナンバーが刻印され、ひとつひとつのヴァレクストラの作品を自分だけのものにしてくれます。

左上から時計周りにオイスターグレー、パウダーブルー、オレンジ、パウダーピンクのカラー。
「イジィデ」バッグはマイクロ、ミニ、ミディアム、ラージの4サイズを展開し、豊富なカラーバリエーションが魅力。さらにシーズン毎の限定カラーも見逃せません! 一度手にすると、その気品溢れるシルエットと使いやすさに惚れ込み、サイズ違い、色違いで揃える人が多いそう。イタリアの職人気質を肌で感じるこのシリーズを、この機会に手にしてみてはいかがでしょうか。

Varextraとは?
1937年、職人のマスタージョヴァンニ・フォンタナは大胆で革新的な技巧と典型的なミラネーゼスタイルの本質を組み合わせて、ヴァレクストラを設立。デザインの特徴は、シンプルでタイムレスであること。素材と形に究極にフォーカスすることでブランドとしてのコンセプトを貫き、真のラグジュアリーとは何かを追求し続けています。ブランド設立後数年でその実力が認められ、グレース・ケリーやジャッキー・O・ケネディなど名だたるセレブリティや富豪層が愛用し、世界的ブランドへと発展しています。

「イジィデ」バッグ
マイクロW17.5xH13xD9cm ¥307,800(税込)
ミニW22xH16.5xD12cm ¥343,440(税込)
ミディアムW26xH20xD12cm ¥405,000(税込)
ラージW31.5xH23.5xD16.5cm ¥462,240(税込)
※画像はすべてミディアム

お問合せ:ヴァレクストラ・ジャパン株式会社
www.valextra.jp

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
イタリアの有名女優「ロザンナ・スキアフィーノ」の人生を感じながら振り返る、イタリアのモード〜イタリアンアート探訪記

ファッショニスタ必見! ミラノのおしゃれなハイブランドの美術館 〜イタリアンアート探訪記

メールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
池田真理子
池田真理子

クリエイティブチームre*colabo(リコラボ)代表。アパレル・イタリアラグジュアリー宝飾ブランドPR勤務、セレクトショップ経営後、フリーのファッションライターとして独立。女性誌STORYなど数々の媒体で執筆。女性のための商品プロデュースや書籍制作など多方面で活動中。

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine