COLUMN
FASHION 25 Sep 2019

ローマで見つけた「Ugualimai(ウグアリマイ)」は、アンティークとモダンを組み合わせる唯一無二のジュエリーでした

SHARE

「Ugualimai(ウグアリマイ)」とは?

Ugualimai(ウグアリマイ)のシルクとプラスティックを組み合わせたネックレス

トップ画像でモデルが着用しているシルクとプラスティックを組み合わせたネックレス
ローマで素晴らしいジュエリーを見つけました。日本未上陸ですが、ECなどで購入もできるので、ぜひご紹介させてください。
そのジュエリーは「Ugualimai(ウグアリマイ)」といいます。
1999年にカラーと素材の新たな組み合わせを追求し誕生しました。過去と現在を結び付けることで未来が見える、というコンセプトのもとに生まれたといいます。アルミニウム、銅、シルク、古いヒモ、工業用ゴムを美しい色彩のガラスや石などに組み合わせている点にそれが見て取れます。

銅とプラスティックを組み合わせたネックレスは、Message in the Bottleのコンセプトを表現

銅とプラスティックを組み合わせたネックレスは、Message in the Bottleのコンセプトを表現
「ウグアリマイ」のオーナー兼デザイナーCristiana Del Bello(クリスティアーナ・デル・ベッロ)は、ロウ(ワックス)で原型を作り、周りを鋳砂や石膏で覆い固め、加熱により中のロウを溶かし出して除去することによってできた空洞に溶かした金属を流し込むと原型と同じ形をした鋳物が出来上がるロストワックス鋳造を使ったジュエリー作りを得意としています。この歴史ある製法から生まれるジュエリーはアンティークのような雰囲気があります。しかし、そこに現代的な素材やカラー、デザインを載せることでまったく新しいものに感じさせてもいます。

こちらもMessage in the Bottleを表現した銅とプラスティックを組み合わせたイアリング

こちらもMessage in the Bottleを表現した銅とプラスティックを組み合わせたイアリング

プラスティックと銅、シルクの調和と刺激

美しい花を表現したMessage in the Bottleのリング

美しい花を表現したMessage in the Bottleのリング
続けてデザイナーは言いました。「アルティジャーノ(イタリア語で職人、芸術家)は、ラテン語のarsに由来します。ラテン人がarsを大事にしてきた理由は、技術はもちろん精神に発見、創造を加えたいから。それはつまり知識とも言え、知識で何かを変革することで新しい命が生まれると考えるのです。この考えが私のジュエリーに形を与えているのです」。

Ugualimai(ウグアリマイ)のネックレス

NEW LIFE TO TRASHというテーマのもとに作られたネックレス
また同時に、環境に優しいということにも強く意識を傾けていると言います。例えば、プラスティック廃棄物を再利用して新しい形を作り、新しい気分で使ってもらえるようにしている点でそれが理解できることでしょう。このコレクションはNEW LIFE TO TRASH(ゴミに新たな生活を)というテーマのもとに作られました。
一方で、イタリアで古くから伝わる「ペルガメーナ(pergamena)=羊皮紙」を使い、失われた記憶を刺激することにも挑戦していたりします。こちらは「Message in the Bottle(ボトルに入ったメッセージ)」というコレクションになります。

Ugualimai(ウグアリマイ)のシルクとプラスティックを組み合わせたネックレス

Timelineコレクションは、アンティークとモダンの組み合わせが魅力。
「Timeline」というコレクションはアンティークとモダン、この相反するものを組み合わせ、調和と意外性を感じさせるものです。シルクと銅という千年紀の物語を持つ素材に、プラスティックを加えることで、唯一無二のジュエリーを誕生させています。

Ugualimai(ウグアリマイ)のプラスティックと銅を合わせたブレスレット

プラスティックと銅を合わせたブレスレット
同ブランドはイタリアはもちろん、フランス、イギリス、ドイツ、スイス、スペインですでに高い人気を集めているといいます。早く日本でも身近な存在となってほしいジュエリーです。

Ugualimai(ウグアリマイ)
https://www.ugualimai.it/

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
ギフト専門セレクト店「g GIFT AND LIFESTYLE」に、あなたの想いを託してみませんか?
花の街フィレンツェの圧倒的芸術性を誇る宮殿美術館「ピッティ宮殿」〜春の庭園と貴重な展示品
緑のトンネルを抜けて。ため息が出るほど美しいイタリア・アブルッツォの結婚式

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine