ファビオ・ルスコーニ
FEATURE
FASHION 21 Feb 2019

時代の気分に応える一足「ファビオ ルスコーニ(FABIO RUSCONI)」|イタリアシューズに魅せられて

SHARE

イタリア、トスカーナ州フィレンツェ在住のシューズデザイナー、ファビオ・ルスコーニが1998 年に立ち上げた、自身の名を冠するシューズブランド。ファビオのクリエイティビティは、若々しい女性、行動的な女性、洗練された女性のために捧げられており、彼女たちのニーズに的確に応え続けています。

ファビオ ルスコーニのPRを担当するハイブリッジインターナショナルの大場さんもファビオのクリエイティビティに魅了された一人。
世界中の女性をとりこにするファビオ ルスコーニのコレクションについて、大場さんにお聞きしました。

ファビオ ルスコーニを代表するコレクション「ミリ—(MILLY)」

ファビオ・ルスコーニ

ミリー(MILLY)は、ポインテッドトゥ&7cmピンヒールのシンプルで洗練されたデザイン。Made in Italy でありながら、幅広の日本人でも履きやすいワイズはデイリーにもお出かけにも使える女子の味方。

キッド・レザーのスエードを使用しているので、肌馴染みのよさと柔らかなカラーリングも魅力です。

春は心踊るシューズで軽やかにスタート

ファビオ・ルスコーニ

今シーズントレンドのキトゥンヒール、アッパーにリボンをあしらったデザインがとてもキュートな「1276」。
クラシックなスタイルに合わせてレディに、メンズライクなデニムにはポイントとしても使える一足は持ってて間違いなし!

PR 大場さんの、マイ・ベスト・ファビオ ルスコーニ

ファビオ・ルスコーニ

普段あまりヒールを履かない私が初めて購入したファビオ ルスコーニはローファーでした。

ローファーというとメンズライクなアイテムですが、「3170」は細身のシルエット、ワッシャー加工のメタリックレザーがキラキラと光りに反射して、足元に抜群の存在感を与えてくれます。
長めのスカートでもパンツでもボトムスを選ばずに合わせられて、それでいて履いてみるとワイズがしっかりあって歩き易く、その活躍の幅に夢中です。

ファンにはたまらないお宝シューズとは?

ファビオ・ルスコーニ

2015年春夏シーズンにスタートした、直営店限定モデル“SPECIAL EDITION”です。

ファーストシーズンのモデル「1859」はスエードのアッパーにポインテッドトゥ、さらにトゥにはメタリック素材を施した切り替えで、フラットシューズながらもキレイ目な印象。
現在では手に入らない幻のシューズです。

【お問い合わせ】ハイブリッジインターナショナル
TEL. 03-3486-8847
ファビオ ルスコーニ(FABIO RUSCONI)日本公式サイト

http://www.fabiorusconi.jp/

初出:この記事は2018年3月22日、公開されました@AGARU ITALIA

WRITER PROFILE
武田亜利紗 Arisa Takeda
武田亜利紗 Arisa Takeda

山形県出身。ファッション誌を始め、広告やアパレルブランドのカタログなど幅広い媒体でスタイリングを手がける。トレンド感のある上品なミックスコーディネートを得意とする。

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa