COLUMN
FASHION 13 Dec 2018

セルジオ ロッシのPR担当者おすすめするベストの一足は!?女性の“いま”を最も美しく「セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)」|イタリアシューズに魅せられて

SHARE

SRスリッパSRスリッパ

「セルジオ ロッシ」は、1960年代に設立されたイタリア製ラグジュアリー・フットウェアブランドです。セルジオ ロッシの特徴は、上品で洗練され、エフォートレスかつシックな、現代女性のためのハンドメイドシューズ。そのクリエイティビティとノウハウは、専門技術を何代にもわたり受け継ぐ職人たちの手により守り続けられています。
セルジオ ロッシ ジャパン コミュニケーションズの大坂史織さんに、マジックとリアリティが一体化したセルジオ ロッシの世界をご案内いただきました。

セルジオ ロッシを代表する「sr1コレクション」

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)

2017年春夏コレクションでデビューした、“Sergio Rossiの新たな1歩”を意味する「sr1コレクション」。ブランドのアーカイブからインスピレーションを受けモダンにアップデートした、アッパーのレザータンやメタルプレート、ストラップ等のディテールがアイコニックなシューズが揃うコレクションです。

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)

中でもデビューから注目を集めているのは、SRスリッパ。ナッパレザー、スエード、ファブリック、エキゾチックレザー、ファーといった素材で、ベーシックカラーはもちろん、シーズン毎にトレンドにそった新色が展開されます。クリスタルやスタッズなどのディテールも加わり、デイタイムからリラックスしたイヴニングまでそれぞれのシーンにフィット!

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)

2018年春夏コレクションで登場するモチーフであるメタルフラワーが施されたスタイルは、シーズンテーマの「ネオロマンティック」を象徴するアイテムのひとつです。

2018年春夏の新作シューズ「SRランニング」をチェック!

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)

sr1コレクションに2018年春夏から加わったスニーカーが「SRランニング」。ランニングスタイルを取り入れたソールや、伸縮性に優れたメッシュで軽量というスポーティな要素に、ナッパレザー、ヘアカーフやグリッター、サテン&クリスタルといったエレガントな素材を合わせたハイブリッドなスニーカーです。

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)

アッパーには、sr1コレクションのアイコンであるロングタンとメタルプレートを施し、タウンユースのスニーカーとして注目のアイテムです。

PR 大坂さんの、マイ・ベスト・セルジオ ロッシ「SRポインテッドトゥパンプス」

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)

パンプスに定評のあるセルジオ ロッシで最初に選んだパンプスは、sr1コレクションのポインテッドトゥでした。セルジオ ロッシの新たな1歩に自分の新しい1歩を重ねて、スエード素材で発色の美しいパステル調のブルーを選びました。足を通した瞬間のフィット感の良さに自然と背筋が伸び、これから前に進んでいく自分を支えてくれる特別なパートナーを得たような感覚は今後も忘れられないと思います。
※上記カラーは現在販売終了しています。

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)

このsr1コレクションのポインテッドトゥには、ナッパレザーやスエード、ファブリックと素材やカラーのバリエーションも増えてきています。とくに大好きなスエードで、春夏の新色であるライラックカラーや定番のブラックも揃えられたらと考えています。

ファンにはたまらないお宝シューズとは?

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)

アーカイブからインスパイアされたニューモデルのSRメリージェーンは、今季のテーマ「ネオ ロマンティック」を象徴するモデルのひとつです。このシーズンを代表するモデルから、シルバーグリッター素材を世界で伊勢丹新宿店でのみ販売します。

きめ細やかなグリッター素材に、多面カットを施したクリスタルMOONを施したフラットシューズ。やや高さのあるメリージェーンストラップは外さずにスリッポンのように着用でき、甲高でストラップデザインが難しいと感じられていた方にもおすすめです。

【お問い合わせ】セルジオ ロッシ カスタマーサービス

TEL. 0570-016-600

セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)公式サイト

https://www.sergiorossi.com


初出:この記事は2018年3月6日、公開されました@AGARU ITALIA

WRITER PROFILE
武田亜利紗 Arisa Takeda
武田亜利紗 Arisa Takeda

山形県出身。ファッション誌を始め、広告やアパレルブランドのカタログなど幅広い媒体でスタイリングを手がける。トレンド感のある上品なミックスコーディネートを得意とする。