COLUMN
FASHION 19 Jun 2019

PITTI IMMAGINE UOMO96(ピッティ・イマジネ・ウオモ)2020年夏~SNAP第一弾~

SHARE

ピッティに集った洒落者をSNAP!

世界最大級の国際的男性ファッションの展示会「ピッティ・イマジネ・ウオモ」の第96回目となる催しが2019年6月11日から14日までの4日間にわたって、フィレンツェのバッソ要塞で行われました。いくつかのリポートを我々SHOP ITALIAでは掲載予定ですが、まずは数日にわけてピッティに集った洒落者たちのSNAPをご紹介します。

クリエイティブディレクターなどを務めるアレサンドロ・スクアルツィさんは、ヴィンテージのミリタリーシャツにドレッシーなブローグ(穴飾り)シューズを合わせたミックススタイルが得意。カジュアルなチノパンツにもセンタープレスを入れている点がイタリア男らしい。

淡いカーキのトーンで全身をまとめながらも、インナーにペイズリーやミラーレンズを配したティアドロップで「盛る」ことで、単調に見せない着こなしのテクニックを披露しています。

来年の春夏の提案として、ピンクやオレンジ、イエローといったカラーが挙がった今回のピッティ・ウオモ。さすがに日本人ではここまでカラフルに着こなすのは難しそうですが、参考にはしたい色合わせです。

イケメンは何を着てもイケメンですが、イケメンだからこそ定番色であるネイビーのワントーンでシンプルに。グッチのスニーカーやニット帽でフレッシュな印象もプラスしている点にも注目したいところです。

メンズパンツは細身のスキニーからこちらのように腰回りにゆとりがあり、タック入りが主流に。白のリネン素材を選ぶことで季節感もあり。シャツも白なので、チェックのジャケットが派手に見えません。

一見すると「男は黙って白Tシャツにブルーデニム」と思うスタイルですが、トム フォードのサングラスやチャーチのシューズ(シャンガイ)で自己主張を決して忘れないのがイタリア男なのであります。

これはすぐにでも真似をしたい色&柄使いの妙手。モスグリーンのチェックシャツ、淡いパープルストライプのシャツというインパクトある上半身に、控えめなオフホワイトのパンツやシンプルなストレートチップの茶靴でバランスを取っています。ポケットチーフやカフリンクス、ラウンド型のサングラスなど小物の選びも巧みです。

お次はシルク系の光沢ある素材に小紋とボタニカルなプリントを配したセットアップと、デコラティブなサンダルでぐっとモードな装い。グッチを筆頭とするミレニアム世代が大好きなスタイルといえましょう。

グローブトロッターのケースにインパクトがあり、ブリティッシュの装いでまとまっているような印象を受けますが、パンツはシアサッカー、ジャケットはドーナツボタンを配したワーク系、とアメリカンヴィンテージテイストを意識しているようにも感じさせます。

ピッティ・イマジネ・ウオモ2019年夏~SNAP第二弾~はコチラ
ピッティ・イマジネ・ウオモ2019年夏~SNAP第三弾~はコチラ
ピッティ・イマジネ・ウオモ2019年夏~SNAP第四弾~はコチラ

メールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
荻山尚
荻山尚

SHOP ITALIA編集長。ENGINEやCAR MAGAZINEなどの自動車雑誌編集者を経て、LEON副編集長、SENSE編集長を務めるなどファッションへの造詣も深い1972年生まれ。ピッティ・ウォモやミラノのコレクション、国際試乗会などイタリア取材の経験も豊富。

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine