FEATURE
FASHION 21 Jan 2019

イタリア・フィレンツェ発ネオクラシックブランド「METROCITY (メトロシティ)」が、ケイト・モスとの2019年キャンペーンスタート

SHARE

METROCITY

1992年、イタリア・フィレンツェで誕生したネオクラシックブランド。ミニマルなシルエットとメタルパーツの装飾を駆使したデザインのバッグが一躍話題になりました。1997年から韓国を中心にビジネスを拡大、現在全世界で118店舗を展開する程までに成長を遂げました。シーズンビジュアルにはミラ・ジョヴォヴィッチやアドリアナ・リマやケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・アルバ、バーバラ・パルヴィン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーといったセレブリティが起用され、2019年はケイト・モスを起用しています。

1992年にイタリア・フィレンツェで誕生したネオクラシックブランド「METROCITY(メトロシティ)」は、2019年の「METROCITYアンバサダー」にケイト・モスを起用し、1月3日から公式ホームページ、SNS、YouTubeなどで、キャンペーン映像を公開しています。

View this post on Instagram

METROCITYJAPANさん(@metrocity.japan)がシェアした投稿

1992年のブランドローンチ以来、普遍的な価値観で常に技術革新を続けてきたMETROCITY。1990年代のファッションシーンに旋風を起こし、全モデルが憧れる存在として現在に至るまで第一線で活躍し続ける永遠のファッションアイコン、ケイト・モスとの出会いに思いを込めたキャンペーン映像は、METROCITYのブランドアイデンティティと新たなファッションステータスを表現しています。

数々のセレブを起用してきた歴史

過去には、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミーガン・フォックス、アドリアナ・リマ、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・アルバ、バルバラ・パルヴィン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーなど、ハリウッドのトップスターたちを起用してきたMETROCITYが、今年のブランドアンバサダーにレジェンドモデルのケイト・モスを起用し、今後さまざまなキャンペーンを展開する予定です。

2019年春夏シーズン ケイト・モスが自分自身を表現する

2019年春夏シーズンのキャンペーンは、グローバルに活躍しているフォトグラファー「ミゲル・レベリーゴ(Miguel Reveriego)」の撮影によるもので、#I AM KATEをコンセプトにロンドンでキャンペーン映像が撮影されました。デビュー以来、多彩な作品をリリースしてきた伝説的なファッションアイコン、ケイト・モスが自分自身を表現するという大胆なコンセプトで注目を集めています。

映像にはケイト・モス自身が選んだメトロシティの新シグネチャーバッグ「MQ0295」の新色を手にしたケイト・モスが登場。
高品質の牛革を使用した品格のあるルックスが魅力的なライトニングディテールのキルティングバッグがフィーチャーされています。ブランドのシンボルともいえるシグネチャーロックが特徴で、内側にはジップポケットとカードスロットを備え、ウォレットの機能を持ち合わせた優れたアイテムです。

View this post on Instagram

METROCITYJAPANさん(@metrocity.japan)がシェアした投稿

イタリアのファッションが好きな人が読んでいる記事はこちら
ヴェネツィア国際映画祭レッドカーペットで際立つ美しさの映画スターとダミアーニのジュエリー
2018年春、コートのポイントは「セクシー!」

WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!