EDITOR'S PICK
FASHION 14 Jun 2019

ラポ・エルカーンが作ったやんちゃ坊主の遊び場「ガレージ・イタリア・ミラノ」に松尾健太郎が行ってきた!

SHARE

取材で訪れたミラノ。宿泊したホテルのフロントで「ガレージ・イタリアへ行きたいんだけど、どこか教えてもらえる?」と聞くと、係の女性は「ああ、ラポがやっている店ね。この近くよ……」といいながら、クスリと笑ってウィンクしました。

ラルベレータ ルレ&シャトー」で寛ぐ著者

ミラノ取材の後は、そこからクルマで一時間ほど行ったところ、ワインで有名なフランチャコルタ地方の「ラルベレータ ルレ&シャトー」で寛ぐ著者

愛すべきイタリアの“やんちゃ坊主”

イタリアにおいて、ラポ・エルカーンとは、誰もがクスリと笑みを浮かべる存在なのです。
ラポをご存知ない方のためにざっと紹介しておきますと、彼はイタリアの国民的英雄にして元フィアット総帥、故・ジャンニ・アニエッリの孫という生粋のサラブレッド。フィアットをはじめ、フェラーリやマセラティを傘下に収めるFCA会長のジョン・エルカーンは実兄にあたります(ルノーとの提携を進めていた人物としてニュースでも度々名前が出てきました)。

しかし出来のいい兄と比べて、ラポの方は昔から問題児として知られてきました。無類の女性好きで(一説には男性も)、麻薬で逮捕されたり、狂言誘拐を企てたり、何かとスキャンダルも多い人物。しかし、ルックスとセンスだけは抜群。祖父アニエッリから譲り受けたビスポーク・スーツを纏い、颯爽とフェラーリを駆る様は、モデル顔負けのカッコよさ。イタリア随一のファッション・セレブとされています。冒頭の女性の笑みの理由は、彼が愛すべきイタリアの“やんちゃ坊主”だからといえましょう。

ガレージ・イタリア

そんなラポの店「ガレージ・イタリア」は、ミラノの中心から北へ5kmほど上ったところに位置しています。建物は建築家マリオ・パチョッキが設計し、1953年に建てられた旧いガソリンスタンドをリニューアルしたもの。改装はやはり著名なデザイナー、ミケーレ・デ・ルッキが手がけた。アール・デコ風の外観が角地に沿って曲線を描いています。

ガレージ・イタリア

オープンしたのは2015年で、1700㎡の巨大な空間にカフェ、レストラン、ガレージ、そしてラポのオフィスが併設されています。エントランスを抜けるとまずはカフェ部分が広がるのですが、その内装はまさに“男の子のおもちゃ箱をひっくりかえしたような”有り様。

ガレージ・イタリア

天井からはフラーゴ社の1/18スケールのミニカーが山のようにぶら下げられ、壁一面にヘルメット、ハンドル、レーシングスーツなどがディスプレイされています。これらは皆ラポのコレクションだそう。

料理は名シェフ、カルロ・クラッコが手掛けます

セレブが経営する店ですが、コーヒーなら5ユーロ、グラスワインは7ユーロ程度からあり、誰でも気軽に入店できます。事実、観光客以外にも、近隣の住民らしき人々がカウンターでお喋りに興じていました。

むき出しのスチールが印象的な階段を上ると、2階はリストランテとなっています。中央には名車フェラーリ250GTOのボディが鎮座。客席のシートはカッシーナ製だといいます。

ここを仕切るのは、イタリアで最も有名なシェフ、カルロ・クラッコ。“エノテカ・ピンキオーリ”など数々の星付きレストランのシェフを歴任し、自らのレストラン“クラッコ”は、世界のベストレストラン50にも選ばれたことがあり、TVの料理番組にも出演している有名人です。

提供されるのはヌーヴェル・イタリアンで、”アイルトンのカポナータ”、”エンツォのトルテッリ”など、クルマ関連の名前が付けられています。タイヤの跡がついたパスタやデザートなど、ユーモア感覚溢れる一皿も多い。プレジャーボート“リーヴァ”の舳先を模したテラス席からは、ミラノの街並みを望むこともできます。

迷彩柄フェラーリなど世界で一台だけのワンオフ・カーが作れます

クルマだけでなく、ボートのカスタムも可能。写真は船のロールスロイスと呼ばれるイタリアのRiva
1階の奥に進むと、広々としたガレージが現れます。天窓から太陽光が降り注ぎ、クルマの整備場とは思えない開放的な空間です。ガレージ・イタリアの本業は、改造車の製作。ラポのセンスを活かした、さまざまなモディファイを施しています。その範疇はクルマだけに留まらず、オートバイ、ボート、プライベート・ジェットにまで及ぶといいます。

更に奥には“マテリオカ”と呼ばれる素材ルームがあり、色とりどりのサンプルが並んでいます。顧客はここでラポと相談しながら、世界で一台だけのワンオフ・カーを作り上げていくのです。得意技はクルマを丸ごと特殊フィルムで包んでしまう“ラッピング”です。

今までに手がけたものとしては、カムフラージュ柄のフェラーリ458イタリア、デニム内装のフェラーリ・カリフォルニア、外装が千鳥格子に覆われたアバルト500、バーバリー風チェックを纏ったフェラーリ512TRなど。どれも普通では思いつかない、ラポならではの大胆な発想が生かされています。リリースされた車両は、その後オークションなどで高値をつけることも多いといいます。

ガレージ・イタリアは、男の子がそのまま大人になって「好きなことを全部やったら、こんな形になっちゃった」という店。もしミラノへいく機会があって、クルマと美味しいものが大好きなら、ラポ・エルカーンという希代のやんちゃ坊主の遊び場を、ぜひ覗いてみて頂きたい。

Garage Italia Milano(ガレージ・イタリア・ミラノ)
Viale Certosa, 86, 20151 Milano MI
Tel:02 3343 1857
https://www.garage-italia.com/

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
フィアット500の誕生60周年を記念したユニークなモデルがイタリアで発表 | ガレージイタリア カスタムズ スピアジーナ・バイ・ガレージイタリア

メールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
松尾健太郎
松尾健太郎

THE RAKE 日本版編集長、クリエイティブ・ディレクター 株式会社世界文化社にて、月刊誌メンズ・イーエックス創刊に携わり、クラシコ・イタリア、本格靴などのブームを牽引。‘05 年同誌編集長に就任し、のべ 4 年間同職を務めた後、時計ビギン、M.E.特別編集シリーズ、メルセデス マガジン編集長、新潮社 ENGINEクリエイティブ・ディレクターなどを歴任。現在、インターナショナル・ラグジュアリー誌“THE RAKE”日本版編集長。

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!