COLUMN
FASHION 07 Jun 2019

FESTA DEL PAPÀ,父の日のWish Listに加えたい「フルラのバッグ」

SHARE

6月16日は父の日です。日頃の感謝を込めて言葉とともにギフトを贈ってみてはいかがですか? 父が欲しいWish Listをご紹介します。

フルラは、1927年にイタリア・ボローニャで、アルド・フルラネットにより創立されました。伝統的なクラフツマンシップ、熟練したアルチザンの持つ専門知識、美のセンス、そして革新的なデザインを礎にしたコレクションはここ日本でも人気。女性からの支持が高いのは事実ですが、メンズ・アイテムも充実していて、感度の高い男性はすでに手に入れています。

「GIOVEクラッチバッグ」4万円(税抜)
中でもクラッチ「GIOVE(ジョーヴェ)」は、使いやすいデザイン、上質の素材感や作りを体験できるギフトに最適なモデル。ブルー、ブラック、グレー、レッドとどれも美しい発色を放ち、イタリアンレザーの矜持を誇ります。デザインアクセントとして利いている前身ごろのベルトは、手を通せるようになっていて、ホールド性をも高めています。

「GIOVE XLトートバッグ」6万円(税抜)
さらに、男性用のバッグは充実。
こちらは前述と同じ「ジョーヴェ」シリーズのもの。1日の持ち物をたっぷり収納できるチェックプリント入りPVCコーティングキャンバス製のトートバッグです。上端を熱でシーリングした長さ調節可能なショルダーストラップでハンドバッグとしてもショルダーバッグとしても使えるのが便利です。

「MERCURIO EWトートバッグ」9万2000円(税抜)
続いては、シックなデザインとアクセントに金具ボタンが利いた「MERCURIO(メルキュリオ)」。イタリア語で水星を意味するこちらは、オフィスやビジネスミーティングに最適な樹脂加工牛革&シボ加工牛革製のトートバッグ。非常に機能性に優れ、取り外し可能なショルダーストラップでバッグとしてもクロスボディバッグとしても使用可能。

「MARTEブリーフケース」9万4000円(税抜)
最後はグッとジェントリーなたたずまいを見せる「MARTE(マルテ)」シリーズのブリーフケースを。ラミネート加工を施した牛革を使用したシボ感に豊かな表情が宿り、つい硬くなりがちなビジネスシーンに節度を持った華を加えてくれそうです。 ハンドルのグリップ性、豊富なポケットなど機能性も格別で、通勤はもちろん、ビジネストリップにも最適です。

さて、どのバッグを父の日の欲しいものリストに加えますか? 全部というのもありですね。

お問合せ:FURLA

WRITER PROFILE
荻山尚
荻山尚

SHOP ITALIA編集長。ENGINEやCAR MAGAZINEなどの自動車雑誌編集者を経て、LEON副編集長、SENSE編集長を務めるなどファッションへの造詣も深い1972年生まれ。ピッティ・ウォモやミラノのコレクション、国際試乗会などイタリア取材の経験も豊富。

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine