NEWS
FASHION 05 Sep 2019

大人の男性のためのセレクトショップ「EDIT WAREHOUSE」が9月5日に東京・丸の内にオープン

SHARE

イタリアンサルトとヴィンテージウエアの融合

9月5日に、丸の内仲通りにセレクトショップ「EDIT WAREHOUSE(エディット ウェアハウス)」がオープンします。ドレススタイルを軸とした、“シックでインテリジェンスあるファッション”や“希少性あるアイテム”に興味を持ち自分のスタイルを探求する30代から50代の男性に向けたアイテムを用意しています。

それぞれのブランドの良さを抽出して編集した倉庫=EDIT WAREHOUSE。ショップネームの通り、 “宝物探し”をするような感覚で買い物が楽しめるセレクトショップ。
1965年、イタリア南部のバーリにある小さな町でミケーレ・ラトーレ(Michele Latorre)によって、スーツ専門のファクトリーメーカーとして創業した『LATORRE(ラトーレ)』をはじめ、『ANDREA FENZI(アンドレア フェンツィ)』や英国の『GRENFELL(グレンフェル)』、『BREUER(ブリューワー)』などのドレススタイルブランドを軸に、トラディショナルスタイルをベースとしたトレンド感と抜け感ある親和性の高いブランドをセレクトしています。

『LATORRE』EDIT WAREHOUSE限定スーツ。イタリアの伝説的なデザイナー“ウォルター・アルビニ”へのオマージュモデル。¥108,000(税抜)
さらに、特筆すべきは、海外で買い付けしたヴィンテージアイテムを交えて展開している点にあります。
オープン時に展開予定のヴィンテージアイテムのブランドは以下のとおり。
<OLD & DEADSTOCK CLOTHES>
AQUASCUTUM / BROOKS BROTHERS / BURBERRY / CHARVET / LEVI’S / MACKINTOSH / TURNBULL & ASSER / ASQUE SHIRT(FRENCH BRAND) / LACOSTE / FRED PERRY / MILITARY ITEMS / ALDEN / CHURCH’S / EDWARD GREEN / J.M. WESTON / JOHN LOBB / TRICKER’S / TOOTAL / ADIDAS / CONVERSE / NIKE / VANS / CELINE / GUCCI / HERMES / TIFFANY(VINTAGE SILVER ACC) / YVES SAINT LAURENT etc….

毎月特別なイベントが開催されます

さらに、「EDIT WAREHOUSE」では毎月、ポップアップストアなどイベントを開催予定。
既存のショップにはない、「EDIT WAREHOUSE」編集の特別感あるコンセプチュアルなコレクションを展開します。
9月上旬~9月下旬 『GENTLEMEN in AUTHENTICITY』
クラシコ・イタリアの一角『LATORRE』。
プライスメリットのある、ポテンシャルの高い同ブランドのスーツ&ジャケットのテーラードアイテムを中心に、親和性の高い等身大のブランドやアイテムを取り揃え、“知的なドレススタイル”を提案します。
10月上旬~11月上旬 『GENTLEMEN in AUTHENTICITY 2』
オーセンティックでトラディショナルなアイテムを、ヴィンテージアイテムとミックスして提案。
『MACKINTOSH LONDON』のコンセプチュアルなアイテムや『BARBOUR』の希少な復刻モデルを、『LATORRE』のツイードジャケットや『BREUER』のウールタイ、『ANDREA FENZI』のケーブル&イングリッシュステッチニットと合わせます。
その他、『ATKINSONS』による007モデルのネクタイや『CHURCH’S』や『TOOTAL』のヴィンテージ、英国軍のオフィサー・トラウザーズなども展開。
11月上旬~12月上旬 『EDIT. for GRENFELL』
『GRENFELL』のアウターをメインとしながら、スーツ&ジャケットなどのテーラリングアイテムやニットなどのアイテムも絡めて展開します。
また、英国にまつわる雑貨&ヴィンテージアイテムも取り揃え、英国ブランド『GRENFELL』の世界観を表現。
他にはないコンセプチュアルな内容で、本来持つ『GRENFELL』の魅力をご紹介します。
12月上旬~12月下旬 『GENTLEMEN in DOWN』
ダウンアウターのドレススタイルを提案。
スーツ&ジャケットなどテーラリングアイテムを絡めて展開します。
『MooRER』をメインとしながら『WOOLRICH』などの他ダウンブランドのバリエーションを取り揃えます。

EDIT WAREHOUSE / エディット ウェアハウス

住所: 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F
電話番号:03-6256-0297
営業時間:11:00-20:00

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
世界最古の薬局〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉の魅力を探る
美しいナイロンとバケッタレザーを組み合わせたイタリアンバッグ、フェリージの魅力とは?
【イタリア紳士のたしなみ】世界最高峰のネクタイ「E.MARINELLA NAPOLI」

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine