ペリーコ(PELLICO)
EDITOR'S PICK
FASHION 15 Nov 2018

とりこになるデザインと履き心地「ペリーコ(PELLICO)」|イタリアシューズに魅せられて

武田亜利紗 Arisa Takeda
SHARE


アンドレア(ANDREA)

イタリアのヴェニス郊外フォッソに本社とファクトリーを構えるシューズブランド「ペリーコ(PELLICO)」。現オーナーでもあるルカ・パンパニンにより生み出されるコレクションは、シンプルでありながらも洗練されたエレガントなデザインで、イタリアならではの美しい色使い。良質な素材と卓越した職人技術が生み出す優れた履き心地も魅力です。

デザイン性と履き心地を高いレベルで両立するペリーコについて、ブランドのPRを務める蒲生瑛梨(がもう・えり)さんにお聞きしました。

ペリーコを代表するコレクション「アネッリ(ANELLI)」

ペリーコ(PELLICO)

ペリーコのアイコンといえるパンプスが「アネッリ(ANELLI)」です。その名は、イタリア語で「リング」という意味。はき口に施されたリングをモチーフにしたデザインは、隙間からちらりと足先がのぞくことで、抜け感と女性らしさを演出してくれます。

ペリーコ(PELLICO)

アネッリにはさまざまな木型がありますが、中でも定番の木型“アンドレア(ANDREA)”は、ヒール高1cm、3.5cm、6.5cm、8cmとバリエーションが豊富なため、幅広いシーンで活躍してくれます。

ペリーコ(PELLICO)

またアネッリはシューズだけでなく、バッグも展開しています。アネッリのホールカットデザインをハンドル部分に施したバッグは、やや丸みを帯びたラインが特徴で、女性らしさを引き立てます。マチもしっかりしているので、使い勝手も抜群です!

2018年春夏の新作シューズをチェック!

ペリーコ(PELLICO)

今シーズンのテーマは、1964年にフランスで公開された映画『シェルブールの雨傘』。主演のカトリーヌ・ドヌーヴが着こなすファッションや色鮮やかなカラーパレットの背景からインスピレーションを受けたコレクションです。

中でも代表的なモデルは、ペリーコならではの発色のいいスエードで仕上げたパステルパンプス。木型はアンドレアを使用。3.5cmのチャンキーヒールは、コレクションテーマの雨の雫をイメージし、艶感をエナメルで表現した “ドロップヒール”を採用しています。

ペリーコ(PELLICO)

また、ペリーコでは珍しいスクエアトゥの新木型 “シルバー(SILVER)”が誕生。パイピングに施された異なる色味のレザーがモードな雰囲気を醸し出します。

PR 蒲生さんの、マイ・ベスト・ペリーコ「TAXI(タキシー)」

ペリーコ(PELLICO)

以前セレクトショップで働いていた際に、初めて買ったパンプスがペリーコでした。シンプルでありながらラインがすごく綺麗で、何より履き心地が抜群で虜になりました。実はそのパンプスはもっとも長くある定番の木型 “タキシー(TAXI)”。履きやすさと適度に丸みのあるアーモンドトゥが今でも人気の理由です。

毎日ケアをしているので、5年前に購入したものですが今でもレギュラーメンバーです。

ファンにはたまらないお宝シューズとは?

ペリーコ(PELLICO)

5年前に某ブランドでとてつもない人気を誇ったパンプスがありました。デザインからリクエストをいただき別注モデルを作製したところ、販売後すぐに完売するほどファンの方が多かったのですが、再生産もされることなく今では幻の1足に……。

そのパンプスが2018年春夏シーズンにリバイバルされ、現代の木型にのせて新たに登場! いま履けるお宝パンプスです。

【お問い合わせ】アマン(ペリーコ)

TEL. 03-6419-7240

ペリーコ(PELLICO)日本公式サイト

https://pellicojapan.jp/

「イタリアシューズに魅せられて」連載一覧はこちら

初出:この記事は2018年2月8日、公開されました@AGARU ITALIA

WRITER PROFILE
武田亜利紗 Arisa Takeda
武田亜利紗 Arisa Takeda

山形県出身。ファッション誌を始め、広告やアパレルブランドのカタログなど幅広い媒体でスタイリングを手がける。トレンド感のある上品なミックスコーディネートを得意とする。

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa