FASHION 16 Apr 2019

2019秋冬メンズ・ファッションのトレンドは?|95回フィレンツェのピッティ・ウオモ

SHARE

95回目を迎える世界最大級のメンズファッション見本市「PITTI UOMO(ピッティ・ウオモ)」がフィレンツェのバッソ要塞で1月8~11日に開催されました。
今回は1230のブランドが出展し、1年先の2019秋冬メンズ新作コレクションを発表。世界中からファッション関係者やバイヤーら約36000万人が訪れました。

Fortezza da Bassoピッティ・ウオモ会場のバッソ要塞

2019秋冬メンズファッションのトレンドは?

2019秋冬メンズファッションも多彩なトレンドが目白押し。
特に見逃せないトレンドは80年代ファッションへの回帰。カラフルでボリューミーな80年代ファッションが再びトレンドに戻ってきます。
前回に続きアスレジャーブームもますます加速。多様化するライフスタイルに対応したアイテムにはハイテク素材が使われ、使い心地の良さや機能性も追求されています。

fashion snapフィレンツェ、ピッティ・ウオモ95回にて

アクティブな80年代ファッションが再浮上

80年代に流行したアップリケや刺繍が施されたニットがトレンドに返り咲き、アイコニックなスニーカーモデルが復刻。
スリムフィットなチェックのフランネルシャツにスウェットとヴィンテージデニムを合わせたグランジルック、その上に80年代風のボリューミーなダウンジャケットを重ねるのがカジュアルウェアのトレンドに。
さらに、アウターではサイドラインが入ったスポーティーな超軽量ナイロンのジャケット、リバーシブルのダウンジャケット、季節の変わり目やジャケットの下に着るダウンなどがムートンに替わるアイテムに。テクニカルファブリック素材のスポーティーなパンツとジャケットはアスレチックカラーが旬です。

着心地にこだわったリラックスできるスタイル

肌触りの良い上質のアルパカ、ウール、カシミア素材のニットはチェック柄やヘリンボーン柄、明るい色合いを選んで。
ゆったりとした着心地のコートはキャメル、ブルー、バーガンディの色合いの千鳥格子やツイード、大小様々なチェック柄がトレンド。
ジャケットにはファスチアン織りとコーデュロイが組み合わさったシェットランドツイードやハリスツイード。アクセサリーには卓越した職人技と機能性を兼ね備えたハンドメイドを。
実用的なビジネスバッグは、エキゾチックなレザーが使用されているタイプを選べば華やかな印象になります。

fashion snapフィレンツェ、ピッティ・ウオモ95回にて

アスレジャーに加え、スポーツとフォーマルの融合スタイルも

スポーツシーンにもタウン使いにも対応したアスレジャーはまだまだ人気。
伝統デザインがハイテク素材と出会うことでクラシックなスタイルにスポーティーな雰囲気が調和。ウールとカシミア、ダウン、伸縮性のある生地、ラミネート加工のフランネル、メランジナイロンといった様々な素材のアイテムを組み合わせることでマルチレイヤー風の重ね着が楽しめます。
アスレジャーに加え、家の内外どちらでも気軽に着ることができるスポーツとフォーマルスタイルが融合したユニークなスタイルも登場。

pitti uomo snap

pitti uomo snap

pitti uomo snap

pitti uomo snap

pitti uomo snap

PITTI UOMOに関心がある人が読んでいる記事はこちら
ピッティ・ウオモ2019春夏レポート第1弾。クラシコイタリアを代表するラグジュアリー・ブランド 「ブルネロ クチネリ」が愛される理由。 | メンズファッション

ピッティ・ウオモ2019春夏レポート第2弾。「伝統」と「革新」が紡ぐクラシコイタリアの未来。 | メンズファッション

トレンドは「ラグジュアリー・アスレジャー」。ピッティ・ウオモ2019春夏レポート第3弾 | イタリアン メンズファッション

WRITER PROFILE
小林 真子 Mako Kobayashi
小林 真子 Mako Kobayashi

フィレンツェ在住。元静岡朝日テレビ報道記者。2012年よりフィレンツェ在局FMラジオ番組レギュラー出演。イタリアの労働ビザを取得し、イタリア製アイテムのオンラインショップ「AmicaMako(アミーカ・マコ)」を経営。2013年、イタリアのテレビ局SKYのドキュメンタリー番組に出演。「週刊新潮」「宅ふぁいる便」等でイタリア関連の記事やコラムを執筆。 AmicaMako https://www.facebook.com/amicamako/ https://www.blog.amicamako.com/ https://www.instagram.com/amicamako/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine