FEATURE
FASHION 22 Mar 2018

2018年の春夏メイクは、あざやかなアイメイクで

SHARE

2018年春夏は、目も唇も、ほんのり色づいたバラ色がトレンド。明るく温かみのあるトーン、ネオンカラーやメタリックカラーにも注目!

大胆なアイメイクで大人の魅力を

今シーズンはネオンブルー、ネオンイエロー、オレンジ、マゼンタ、そしてあらゆるトーンの赤が欠かせません。


MARNI 2018年春夏コレクション(ミラノ)

目もとは、カラフルなトーンからブロンズやダークグレーのスモーキーなトーンにすると、昼夜問わず大胆な雰囲気に。黒のアイペンシルで目のまわり全体を囲い、上下まつげの内側をしっかり描くメイクが再びトレンドに。濃い黒をアクセントに、ロックな目もとを楽しんでみましょう!

アイライナーは、印象的なキャット・アイを作ってくれる必須アイテム。メタリック仕様のクリームアイシャドーは、輝きをさらに長持ちさせます。グリッターを思い切り活用して、キラキラで印象的な目もとに!

アグレッシブなリップメイクで個性的な印象を

目もとのビビットカラー、ネオンカラーを暖色と合わせるなら、口もとはヌードスタイルに。今シーズンはパールが入った色がマストカラー。ゴールドパール、オレンジなどの暖色で、リップラインを大きめにしっかり描いて合わせましょう。

真っ赤な口紅のようなクラッシックアイテムもトレンドの予感。オレンジ、濃いピンク、燃えるような赤など、人目を惹きつけるビビットカラー、暖色系のトレンドは、柔らかなベルベット効果を生むマットな質感でフィニッシュ。


MARNI 2018年春夏コレクション(ミラノ)

今年はアグレッシブでエキセントリックなルックがトレンドなので、グリッターやカラフルなラメを唇にのせれば、個性的で印象的な笑顔を演出してくれること間違いなし。

ヌーディーで透明感のあるフェイスメイクを

ファンデーションの2018年春夏のキーワードは、「ヌーディー」。輪郭は柔らかく自然で、目と唇が主役の今シーズンのメイクを引き立てます。ナチュラル効果を出すには、ファンデーションは少し暗めのトーンにして、頬と頬骨に明るい色を持ってきて凹凸をはっきりと。

少し赤みの入ったデリケートな色合いがトレンド。ガラスのようなクリアで艶感のある肌は、自然なメイクのベースとなります。

Translated by Yasuo Asaki

WRITER PROFILE
ステファニア・ヴィティ Stefania Viti
ステファニア・ヴィティ Stefania Viti

ヴェネツィアのカ・フォスカリ大学日本文学科を卒業後、来日。約10年間の東京生活では、女性誌の編集や在日イタリア大使館のプレスとしても働く。ミラノへ戻り、新聞記者を経て、現在はイタリアの食材に特化したWebマガジン「ARTE CIBO」の副編集長をつとめる。イタリアで出版された著書に『Il Sushi/寿司』『L’Arte del Sushi/鮨の芸術』『Il Sushi Tradizionale/伝統的な鮨のレシピ』『Il Libro del Ramen/ラーメンの本』がある。2016年、ウンベルト・アニェッリ賞(日本とイタリアの文化の懸け橋を担うジャーナリストへ贈られる賞)を受賞。 Stefania Viti Webサイト http://www.stefaniaviti.com/ ARTE CIBO(アルテチーボ) http://www.artecibo.com/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine